運動部

陸上競技部

部活動紹介

 陸上競技部は、1964年(昭和39年)の茨城高専開校時に設立され、50年以上の歴史を有しています。茨城高専に存在するすべての課外活動の中でも、最も長い歴史を有する部のひとつです。これまでに数多くのOBを輩出し、さまざまな大会で記録を樹立したり、入賞の実績を積み上げて来たりしています。
 令和元年度現在、男女約40名の部員が所属していて、短距離、中・長距離、跳躍、投てきの各種目において、それぞれ平日はほぼ毎日、土曜日もほぼ毎週練習を行っています。1~3年生の選手はおもにインターハイ出場を目指しています。また、学年にかかわらずすべての選手が全国高専大会出場さらに上位入賞を目指して日々の練習に励んでいます。公式試合では他校の選手に勝つことも重要ですが、それ以上にどの試合の競技においても、常に自己記録の更新を目指すという目標を大事にしています。
 競技パフォーマンス以外の観点では、当陸上競技部はこれまでに、県内で開催される全国規模の公式競技大会の運営にも積極的に協力、参加してきています。2002年(平成14年)茨城インターハイ陸上競技大会においては、競技役員として記録・情報処理係の業務に連続5日間、約30名の部員が携わりました。また、2019年(令和元年)茨城国体陸上競技大会開催にあたっては、大会プログラム作成前の選手資格の確認作業として、全国47都道府県からの全出場選手の資格審査作業に、約30名の部員が連続4日間携わる形で協力しました。

運動部


令和元年度3年生以下の男子主要メンバー

関東信越地区高専大会 男子100m競走スタート直後
(ナンバーカード277および270が本校選手)
令和元年度の活躍

令和元年度 関東信越地区高等専門学校陸上競技
      男子4x100mリレー 第3位(澤畑英介・打越耕平・井沢暁・渡辺幸暉)
      男子400mH     第1位(渡辺幸暉)
      男子やり投     第2位(井沢暁)
      男子円盤投     第3位(鈴木龍之介)
      女子走幅跳     第3位(小山瑠奈)

主な活躍

平成30年度 関東信越地区高等専門学校陸上競技
      男子100m   第2位 打越 耕平
      男子800m   第3位 水越 研吾
      男子110mH  第1位 澤畑 英介
平成30年度 茨城県高等学校総合体育大会陸上競技選手権大会(インターハイ茨城県予選会)
      男子110mH  第2位 澤畑 英介
平成29年度 関東信越地区高等専門学校陸上競技
      男子800m   第3位 水越 研吾
      男子110mH  第1位 澤畑 英介