• HOME
  • 平成29年度学科改組

平成29年度学科改組

国際創造工学科 募集人員200名

改組の概要

なぜ、新しい教育体制にするのか?

 近年、グローバル化が進展している世界のなかで、激化する国際競争に勝ち残れるエンジニアや、資源、エネルギーや環境などの数多くの地球規模の問題に他国のエンジニアと協働して取り組むことのできるエンジニアの育成が急務となっています。
 このように世界を舞台に活躍できるグローバル・エンジニアには、専門的に深い知識と、高度な技術力などのエンジニアとしての能力だけでなく、語学力、他国の文化や価値観を理解して他国の人々と関係を構築できるコミュニケーション能力、新しい価値観を生み出すことのできる創造力などが求められます。
グローバル・エンジニアを育成するために教育体制を新たにして、専門教育と共に、グローバル化への対応に力を入れた教育を行っていきます。また、これに伴い、入試制度も変更します。

茨城高専は進化します!

 現在の5つの学科(機械システム工学科、電子制御工学科、電気電子システム工学科、電子情報工学科、物質工学科)を国際創造工学科の1学科へ統合し、グローバル化への対応に力を入れた教育を行い、複数の分野を幅広く学ぶことで、世界で活躍できるグローバル・エンジニアを育成します。

1. 国際創造工学科が行うグローバル・エンジニア育成

  • これまで茨城高専で行ってきたグローバル化への対応に力を入れた教育をさらに発展させます。確かな専門力と共に異文化理解を深め、多様な視点で、世界中のエンジニアと協力できるコミュニケーション能力を育てます。さらに情報発信力を磨き、地球規模の課題に世界中のエンジニアと協力して取り組み、世界に貢献できるグローバル・エンジニアを育成します。

  • これまで本校が行ってきた専門教育(機械・制御工学、電気・電子工学、情報工学、物質工学)を深化させて、地域や社会の要請に応えることができる、創造力のあるエンジニアを育成します。

  • 複数の分野を学ぶための融合・複合型教育を発展させて、卒業後も常に新しい分野に挑戦できる素養を持ったエンジニアを育成します。

学科再編 

2. 入学後に専攻配属決定

 これまで本校では、受験時に、専門分野を学ぶための専門学科を決めていましたが、新しい国際創造工学科では、1年生で共通の専門科目を学んでから、2年生への進級時に自分が学びたい専門分野(機械・制御系、電気・電子系、情報系、化学・生物・環境系)を選択してもらいます。

 ※受験の時に、理工系の勉強をしたいけど学びたい分野を決めていない人、複数の分野に興味があって学びたい専門分野を迷っている人などは、入学後1年間考えた後に、自分に合った専門分野を選択してもらいます。

詳しくはこちら

3. 入試制度が変わります

新しい教育体制の発足に伴い、新しい入試制度になります。

詳しくはこちら

4. よくある質問

高専への入学に関して、よく問い合わせがある質問にお答えします。

よくある質問