授業料免除・奨学金

茨城高専における経済的支援一覧

授業料の免除と徴収猶予

人物・学業ともに優れ,健康でかつ経済的理由で授業料が納められない学生が申請することにより,授業料の全額あるいは半額を免除したり,授業料を納める時期を遅らせることができる制度です。

免除願は,前期分は4月1日から4月10日までに,後期分は9月1日から9月20日までに提出することとなっています。

なお,前期の申請の際に後期分の申請を併せて行うことも可能です。

申請手続についての案内は,奨学金・授業料免除関係の掲示板へ掲示しますので,掲示板を確認し,学生課学生支援係から書類を受け取り手続をしてください。

ただし,本科1~3年生については,高等学校等就学支援金制度がありますので,原則,同制度を活用することとなります。

高等学校等就学支援金制度の詳細はこちらをご確認ください。

平成30年度 授業料免除及び徴収猶予の申請について

 下記のとおり受付しています。    

 平成30年度授業料免除等について(後期) 

   申請期間:前期 平成30年4月2日(月)~平成30年4月10日(火) 期限厳守
        後期 平成30年9月3日(月)~平成30年9月20日(木)  期限厳守
        免除又は猶予希望者は上記期間内に申請書等を必ず提出してください。

※学資負担者の死亡又は学生若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けた場合などは特別申請をすることができます。
 何かございましたら、学生支援係までご相談ください。

入学料の免除と徴収猶予

入学前1年以内に、本校に入学する者の学資負担者が死亡し,又は本人もしくは学資負担者が風水害等の災害を受け,入学料の納付が著しく困難であると認められた場合,本人の申請に基づき選考のうえ,入学料の全額または半額が免除されることがあります。

また,所定の期日に入学料の納付が困難な場合,徴収猶予の制度もあります。

日本学生支援機構奨学生

人物,学業ともに優れ,健康でかつ経済的理由で学校生活を送ることが困難と思われる学生に対して,独立行政法人日本学生支援機構が一定額の支援を行う制度です。学生の申請により学校内で審査して,基準を満たした学生を機構へ推薦します。機構で審査の上、採用が決定されれば,奨学金の貸与を受けることができます。

※災害救助法適用地域に係る被害に遭われた場合、緊急採用・応急採用を受けられる可能性があります。
 下記のJASSOのサイトなどを確認のうえ、奨学金を希望される場合は学生支援係までご連絡ください。

1年以内の災害救助法適用地域
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/kinkyu_okyu/chiiki/genzai.html

その他の奨学生・融資制度

茨城県内の市町村やその他の企業・団体等による奨学金制度もあります。応募についてはそれぞれ条件がありますので各々の団体へご確認ください。学校へ奨学生募集の連絡があった場合は,その都度,奨学金・授業料免除関係の掲示板に掲示していますので,応募したい学生は学生課学生支援係窓口へ相談に来てください。

学生の勉学の支援のために,常陽銀行と一般より有利な条件で融資をしてもらえる協定を結んでいます。ご希望がある保護者の方は,学生課学生支援係窓口へご相談ください。

 

 

  • 交通遺児育英会奨学金(交通事故で死亡した方や著しい後遺障害がある方の子女等)

    http://www.kotsuiji.com/index.html      平成30年度募集要項

  • あしなが育英会奨学金(病気、災害、自殺などで死亡した方や重度後遺障害がある方の子女等)

    http://www.ashinaga.org/grant/index.html   平成30年度募集要項

  • アフラック小児がん経験者・がん遺児奨学金

    https://www.aflac.co.jp/corp/mesena/mesena_kids_02/   平成30年度募集要項