• HOME
  • ニュース
  • 2年連続!本校学生が最優秀賞・審査員特別賞をW受賞(Web×IoTメイカーズチャレンジ2019-20 in茨城)

2年連続!本校学生が最優秀賞・審査員特別賞をW受賞(Web×IoTメイカーズチャレンジ2019-20 in茨城)

2019831日と9月1日に本校で開催された「Web×IoTメイカーズチャレンジ201920 in茨城」(総務省主催)に、10代から50代まで18人が参加し、5チームに分かれてIoT技術を駆使して課題解決に取り組みました。その結果、本校の本科1年生 三井田 幸貴さん、小山高専 本科4年生1名、社会人2名のチームのアイデアCPRSS(カプラス)~CPR支援システム~」が最優秀賞を受賞しました。また、本科1年生 井上 魁さん、磯﨑 孝太さん、黒沢 拓見さんのチームのアイデア「スマートスピーカーを使った老人の見守りシステム」が審査員特別賞を受賞しました。

                         【最優秀賞】

               左から、高安特命助教(レフィクシア株式会社代表取締役CEO)、三井田さん、喜多校長

 

                         【審査員特別賞】

                         左から、磯﨑さん、井上さん、黒沢さん

 

●最優秀賞「CPRSS(カプラス)~CPR支援システム~」の概要

 AEDを使用している場所をIoTを使ってアプリの入った端末へ届け、助けを必要とする人に効率的に駆けつけられるシステム

 

(Web×IoTメイカーズチャレンジの結果掲載先)

茨城県ホームページ
http://www.pref.ibaraki.jp/kikaku/joho/chiiki/webiot2019.html

茨城県高度情報化推進協議会ホームページ
http://www.it-ibaraki.jp/webiotmakers/webiotmakers-index_2019-20.htm