ACコース 機能性材料特論 2年・前期・選択・学修2単位
担当教員 砂金 孝志 連絡先 
講義の概要 材料を理解する上で大切な基礎理論を先ず説明し、次に身近で重要な無機系機能材料をできるだけ多く取り上げ、構造、物性、製法の3つの側面から解説していく。
到達目標 1.材料の基礎となる理論を理解する。
2.機能性材料をつくるための基礎技術を理解する。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 1.材料とは 材料とは何か、材料の分類などについて理解する。  
第2週 2.材料の基礎理論
 ・結晶構造(1)
空間格子、ミラー指数などについて理解する。  
第3週  ・結晶構造(2) 代表的な結晶構造、格子欠陥などを理解する。  
第4週  ・バンド理論 バンド理論から半導体などを理解する。  
第5週 3.材料化プロセス
 ・高純度化
材料を高純度化する方法を理解する。  
第6週  ・単結晶の育成、多結晶体の作製 単結晶の育成法、多結晶体の作製法を理解する。  
第7週 (中間試験)  
第8週  ・薄膜の作製 薄膜の作製法を理解する。  
第9週 4.材料各論
 ・ニューガラス
ガラスの分類、構造、機能ガラスなどについて理解する。  
第10週  ・ニューカーボン ダイヤモンド、フラーレン、ナノチューブなどについて理解する。  
第11週  ・無機繊維 ガラス繊維、炭素繊維、炭化ケイ素繊維などについて理解する。  
第12週  ・超伝導材料 超伝導材料について理解する。  
第13週  ・固体電解質 固体電解質について理解する。  
第14週  ・磁性材料 磁性材料について理解する。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
履修上の注意 本科目は隔年開講となりますので、1年生の受講も可能です。開講される年度については、授業時間割で確認してください。
学習教育目標 Bに対応 達成項目専攻科ロ),ハ)に対応 JABEE
認定基準
(B-1),(B-2),(d)-(1)に対応
教科書・参考書 教科書:塩川二郎 「入門無機材料」(化学同人)
参考書:荒川 剛、他 「無機材料化学」(三共出版)
Sandra E. Dann : Reactions and Characterization of Solids
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、定期試験の成績80%、およびレポートの成績20%で行い、合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
興味をもった分野については、各自図書館などにある専門書でさらに勉強してください。
講義ノートや配付プリントの内容を見直し、理解不十分なところがあれば教科書や参考書で調べたり、教員に聞くなどして解決してください。課題が出された場合には、期限までに完成し提出してください。講義で示した次回予定の部分を予習しておいてください。