AIコース コンパイラ 2年・前期・選択・学修2単位
担当教員 松崎 周一 連絡先 
講義の概要 プログラミング言語の処理システムに関する基礎知識を理解するとともに、演習を通してコンパイラを構築する技術を学ぶ。
到達目標 1.言語処理の基本的な考え方を理解する。
2.コンパイラの仕組みと構築方法を理解する。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 コンパイラの概要 言語処理システム,コンパイラの仕組み  
第2週 文法と言語 文法の考え方と表現方法  
第3週 オートマトン 有限オートマトンの考え方  
第4週 文脈自由文法 文脈自由文法の定義法  
第5週 字句解析 単語や記号を識別する方法  
第6週 構文解析(1) 文法規則による構文の認識  
第7週 (中間試験)  
第8週 意味解析,中間言語,最適化 構文の意味付け,中間言語の役割,最適化の意義と原理  
第9週 実行 直接実行、仮想マシン上での実行  
第10週 コンパイラの実装(1) 字句解析の例  
第11週 コンパイラの実装(2) 構文解析の例  
第12週 コンパイラの実装(3) コード生成の例  
第13週 コンパイラの実装(4) インタプリタとの組合せ  
第14週 実用コンパイラの例 GNU Compiler Collection,他  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 Bに対応 達成項目専攻科ロ),ハ)に対応 JABEE
認定基準
(B-1),(B-2),(d)-(1)に対応
教科書・参考書 プリントを配布する。
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、定期試験の成績60%、および課題レポートの成績40%で行い、平均の成績が60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
コンピュータが言語というものをどのように理解し実行するかを学ぶので,応用範囲は非常に広い。CPU 設計にも関わる技術であり,コンピュータ一般に興味をもつ学生はぜひ受講してほしい。次の講義内容についてプリントを毎回配布するので予習すること。また,講義ノートや例題を見直し復習すること。