AIコース 符号理論 1年・後期・選択・学修2単位
担当教員 安細 勉 連絡先 
講義の概要 基礎的な情報伝達システムの理論を習得する。
到達目標 1.情報,符号化,復号についての基本的な事柄を理解する。
2.暗号や認証といった情報セキュリティの基礎を理解する。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
後期 第1週 情報・符号・暗号 情報伝達のモデル,情報,符号,暗号の理論と社会とのかかわりを理解する  
第2週 ディジタル情報源(1) ディジタル情報源のモデル,各種ディジタル情報源について理解する  
第3週 ディジタル情報源(2) 情報源の標本化,量子化について理解する  
第4週 情報量とエントロピー(1) 情報量の定義,エントロピーについて理解する  
第5週 情報量とエントロピー(2) 情報源のエントロピー,相互情報量について理解する  
第6週 ディジタル通信による情報伝達のモデル ディジタル通信路,符号,復号空間,可分符号について理解する  
第7週 通信路,通信路容量 各種通信路の通信路容量を理解する  
第8週 情報源符号化(1) 情報源符号化定理,既知情報源に対する情報源符号化について理解する  
第9週 情報源符号化(2) 未知情報源やひずみが許容される場合の符号化について理解する  
第10週 通信路符号化(1) 通信路符号化定理,誤り検出,訂正符号について理解する  
第11週 通信路符号化(2) 線形符号,最小距離,各種の復号について理解する  
第12週 情報セキュリティ(1) 守秘機構のモデル,暗号の安全性について理解する  
第13週 情報セキュリティ(2) 共通鍵暗号について理解する  
第14週 情報セキュリティ(3) 公開鍵暗号,認証について理解する  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 Bに対応 達成項目専攻科ロ)、ハ)に対応 JABEE
認定基準
(B-1),(B-2),(d)-(1)に対応
教科書・参考書 教科書:コロナ社 電子情報通信レクチャーシリーズC-1 情報・符号・暗号の理論 今井秀樹 著 電子情報通信学会 編
評価方法及び
合格基準
成績の評価は,定期試験の成績80%,およびレポートの成績20%で行い,合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
目に見えない情報を符号という形で通信するために,現在実際に使われている技術の基本となる事柄を扱う。講義に関係する用語についての予習,定理や例題の復習を行うこと。