AEコース 特別研究Ⅰ 1年・通年・必修・学修6単位
担当教員 加藤 文武、原 嘉昭、関口 直俊、 ソンキョンミン、田辺 隆也、長洲 正浩、 弥生 宗男


連絡先 
講義の概要 研究の計画立案から装置の作成、理論解析、シミュレ-ション、実験、測定、結果のまとめかたと考察など、それぞれのテ-マに応じた手順により論文作成を行い、研究の目的、方法、結果を明確に捉え、的確に評価できる総合的な実践能力を育成する。
到達目標 1.専門分野の知識を活用し、新たな課題に取り組むことができる。
2.与えられた制約の下で、自主的に問題解決に向け、計画を立案し、継続してそれを実行できる。
3.研究結果を論理的に考え、論文にまとめることができる。
4.研究について他者とコミュニケ-ションやディスカッションができる。
5.学協会で論理的に一貫性のあるプレゼンテ-ションができる。
6.研究成果の概要を英文で記述できる。
No研究テーマ指導教員
1 ナノ粒子等画像計測および電気電子計測に関する研究 加藤
2 規機能性材料開発に関する研究
3 再生可能エネルギーを利用したシステムのエネルギー評価に関する研究 関口
4 ソフトスイッチングによる大電流出力コンバータに関するテーマ ソン
5 光学計測の電気的信号処理に関する研究 田辺
6 パワー半導体モジュールの電流検出に関する基礎研究 長洲
7 磁性フォトニック結晶の応用に関する研究 弥生
履修上の注意 特別研究の単位は1年生6単位,2年生8単位を個々に認定する。
学習教育目標 B,Fに対応 達成項目専攻科ホ)、リ)に対応 JABEE
認定基準
(B-5),(F-1),(F-2),(f),(g),(h),(i)に対応
教科書・参考書
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、研究遂行状況と発表能力を総合的に評価し、60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
専攻科の主要目的の一つとなっている研究能力の養成・向上について、各自が能動的に捉え、自己研鑽に励んで欲しい。