専共通 知能システム概論 2年・後期・選択・学修2単位
担当教員 飛田 敏光 連絡先 
講義の概要 計算機を用いた知能システムについて解説する。
知能システムとして、知識制御、ファジー制御、遺伝的アルゴリズム、ニューラルネットワークなどを用いたシステムの構成方法をとりあげ、実用化の手法などについても概説する。
到達目標 1.計算機を用いた知的制御について基礎的な知識を得ること。
2.知能システムの手法について基礎的な知識をえること。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
後期 第1週 知能システムとは 知能システムとは何かについて理解する。  
第2週 知能システムの実現方法 知能システムの実現方法について理解する。  
第3週 計算機と知能システム 知能システムへの計算機応用について理解する。  
第4週 システムのモデリング 知能システムの構築に必要なシステムのモデリング手法について理解する。  
第5週 確率的なシステムと決定論的なシステム 確率的なモデルに基づくシステムと決定論的なモデルに基づくシステムについて理解する。  
第6週 学習制御 学習制御の基礎について理解する。  
第7週 ファジー制御 ファジー制御の基礎について理解する。  
第8週 ニューラルネットワーク ニューラルネットワークの基礎について理解する。  
第9週 遺伝的アルゴリズム 遺伝的アルゴリズムの基礎について理解する。  
第10週 自律分散制御による制御 自律分散制御について理解する。  
第11週 通信を用いた知能システムの問題点 通信を用いた知能システムの問題点について理解する。  
第12週 知能システムのヒューマンインターフェイス及びその他の技法 知能システムのヒューマンインターフェイスとその他の知的制御の技法について理解する。  
第13週 知能機械とその周辺問題 知能機械とその周辺問題について理解する。  
第14週 ロボットとヒューマンインターフェイス 知能システムとしてのロボットおよびそのヒューマンインターフェイスの概要を理解する。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 これまでの総復習を行い、知能システムの基礎および応用方法についてまとめる。  
履修上の注意 AIコースの学生は履修できません。
学習教育目標 Bに対応 達成項目専攻科ロ)、ニ)に対応 JABEE
認定基準
(B-1),(B-3),(d)-(1),(d)-(3)に対応
教科書・参考書 教科書:プリントを使用する。
参考書:田中一男編著「インテリジェント制御システム」(共立出版)
猪岡 光他著「知能制御」(講談社)
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、期末試験で行い、成績が60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
この講義では、知能システムについて概説するにとどまるが、自律的に行動し、進化・学習を行うシステムも比較的簡単に構築できることを学んでください。特に予習は必要ありませんが、授業中配布するプリントで指示する演習問題等をしっかり解いて授業の復習をしてください。
また、さらなる学習のために、紹介した参考図書を活用してください。