専共通 現代歴史学 2年・前期・選択・学修2単位
担当教員 並木 克央 連絡先 
講義の概要 現代を理解するためには正しい歴史認識が必要となる。そこでまず、歴史の研究がどのような方法でおこなわれてきたかを概観する。また歴史学が何を課題としてきたかを理解する。その上で自国史と世界史の相違点・共通点を理解して相互の歴史を尊重する一助とする。
到達目標 1.歴史認識の方法について理解する。
2.歴史学の方法論について理解する。
3.アジアの中での日本について理解する。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 歴史学と諸分野 歴史学とは何か、歴史学にはどのような分野があるかを理解する。  
第2週 発展段階論に関わる議論 発展段階論の概要とそれをめぐる議論について概観する。  
第3週 比較史の方法 マルク・ブロックなどの比較史の方法を概観する。  
第4週 社会史の方法 網野義彦などによる社会史の方法を概観する。  
第5週 史料と史料学 何を史料として用いて来たか。何が史料として用いられるようになるかを理解する。  
第6週 地方史・地域史の方法 前後における地方史運動などの概要を理解する。  
第7週 (中間試験)    
第8週 為政者と英雄 歴史上、日本ではどのような人が英雄として扱われてきたかを探る(Ⅰ)  
第9週 民衆と英雄 歴史上、日本ではどのような人が英雄として扱われてきたかを探る(Ⅱ)  
第10週 支配する人びと 日本における為政者の特色を探る。  
第11週 支配された人びと 日本における民衆のありようを探る。  
第12週 差別された人びと 日本における差別とそれへの闘いの概要を理解する。  
第13週 歴史上の常陸・茨城とはⅠ 常陸・茨城の国政上にしける位置について概観する。  
第14週 歴史上の常陸・茨城とはⅡ 常陸・茨城の歴史的特殊性を探る。  
第15週 (期末試験)    
第16週 総復習    
履修上の注意 JABEE認定のためには、「現代歴史学」または「現代思想」のどちらかを履修する必要があります。
この授業は前期にのみ開講する半期終了科目です。
学習教育目標 Eに対応 達成項目専攻科チ)に対応
JABEE
認定基準
(E-1),(a)に対応
教科書・参考書 教科書は使用しない。必要に応じてプリントを配布する。
評価方法及び
合格基準
2回の定期試験の平均点を成績とし、60点以上を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
正確にノートをとること。
専門的用語などについては図書館等で調べてほしい。
シラバスによって次週の授業テーマを把握し、書物等で予習しておくこと。また授業終了後はノート等を見直し、復習すること。