專共通 工業力学概論 1年・前期・選択・学修2単位
担当教員 鯉渕 弘資 連絡先 
講義の概要 力学の工学応用の基礎となる,物体にはたらく力と運動について学習する.
到達目標 1.力学に関する基礎的知識を学習し,物体にはたらく力と運動について正しく理解できる.
2.物理学の基本公式を工学的な問題に応用し,問題解決の道筋が立てられる.
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 速度,加速度,変化率 変位,速度,加速度,変化率,速度の積分について理解する  
第2週 ニュートンの運動法則 運動の3法則と関連する基礎事項について理解する  
第3週 簡単な運動 等加速度運動,調和振動,摩擦,力学的エネルギー保存の法則,エネルギー積分について理解する  
第4週 運動量の保存 力積,運動量の保存,重心について理解する  
第5週 万有引力 万有引力,円軌道,落下について理解する  
第6週 ベクトル ベクトル,座標変換,ベクトル積,ベクトルの線積分,勾配ベクトル,ベクトルの回転について理解する  
第7週 (中間試験)  
第8週 力学的エネルギー保存の法則 仕事,位置エネルギー,中心力,力学的エネルギーの保存,ポテンシャルについて理解する  
第9週 角運動量 モーメント,角運動量,中心力,2体問題について理解する  
第10週 惑星の運動 楕円軌道,双曲線軌道について理解する  
第11週 質点系の力学 重心,重心に相対的な運動,質点系の角運動量について理解する  
第12週 剛体の力学 剛体のつりあい,固定軸の周りの回転,慣性モーメントについて理解する  
第13週 ラグランジュの運動方程式 質点系の位置エネルギー,ラグランジュの運動方程式について理解する  
第14週 加速度座標系 運動エネルギについて理解する  
第15週 (期末試験) 直進系,回転系について理解する  
第16週 総復習  
履修上の注意 AMコースの学生は履修できない.
学習教育目標 Bに対応 達成項目専攻科ロ)、ニ)に対応 JABEE
認定基準
(B-1),(B-3),(d)-(1),(d)-(3)に対応
教科書・参考書 教科書:近藤淳「力学」基礎演習シリーズ 掌華房(1993)
参考書:小宮山,竹川「大学生のための力学入門」裳華房(2013),入江敏博「詳解工業力学」理工学社(1983)
評価方法及び
合格基準
成績の評価は,定期試験の成績で行い,平均の成績が60点以上の者を合格とする.
学生へのメッセージ、
予習・復習について
「習うより慣れよ」との箴言に則り,演習問題へのアプローチと解法を中心に講義を進めます.疑問に思った所は逐一質問してください.授業と試験(の一部または全部)を英語で行います.