物質 生体機能化学 5年・後期・選択・学修2単位
担当教員 小林 みさと
連絡先 
講義の概要 生体とは化学反応の集合体であり、多数の化学反応が同時に進行しながら生命を維持している。本講義においては、生体内の精妙な化学反応および生命現象のメカニズムを、生化学、有機化学、分子生物学的な観点から学習する。その過程で、基本的な有機化学反応機構、生物化学の基礎の復習も行う。また、生体分子の可視化技術であるバイオイメージングについての原理・応用を解説する。
到達目標 1.生体内の化学物質の役割・機能が説明できる。
2.生体内で起こりうる有機化学反応の基本的な反応機構が書ける。
3.重要な代謝反応のメカニズムについて説明できる。
4.自然免疫と獲得免疫の役割と、免疫担当細胞について説明できる。
5.バイオイメージングの種類について説明できる。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
後期 第1週 生体機能化学序論 生命の基本単位である細胞、細胞小器官とその機能  
第2週 生体内の化学反応 (1) 基本的な有機化学反応のメカニズム  
第3週 生体内の化学反応 (2) 生体成分の構造、生体内で起こりうる化学反応  
第4週 効率的エネルギー獲得法 TCA回路・水素伝達系のしくみ  
第5週 糖代謝のメカニズム(1) グルコースの代謝の反応機構、酵素反応  
第6週 糖代謝のメカニズム(2) 発酵、その他の糖代謝  
第7週 核酸の化学 DNA・RNAの構造の多様性と機能  
第8週 (中間試験)  
第9週 補習 中間試験の解説と結果に基づいた補習  
第10週 タンパク質 タンパク質の高次構造とタンパク質合成  
第11週 人工核酸、人工タンパク質 人工DNA、人工RNA、人工タンパク質の合成  
第12週 生体防御機構 自然免疫、獲得免疫、抗体、細胞性免疫、液性免疫  
第13週 バイオイメージングの基礎 生体内反応の可視化技術  
第14週 バイオイメージングの応用 バイオイメージングの研究・臨床応用  
第15週 (期末試験)  
第16週 補習および総まとめ 期末試験の解説と結果に基づいた補習および総まとめ  
学習教育目標 A,Bに対応
達成項目本科イ)、ロ)に対応 JABEE
認定基準
(A-2),(B-1),(d)-(1)に対応
教科書・参考書 教科書は使用しない。
参考書:清田洋正著「生物有機化学がわかる講義」(講談社) 
参考書:サタヴァ・D著「アメリカ版大学生物学の教科書」(講談社)
参考書:ヴォート「ヴォート生化学上・下」(東京化学同人)
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、定期試験の成績を80%、レポート、課題の総点を20%として、合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
「生物化学」が基礎となりますので、十分に復習してください。講義ノートの内容を見直し、講義に関する課題等が出された時は、それを解いておいてください。講義で示した次回予定の部分を予習しておいてください。