物質 分析化学Ⅱ 4年・後期・選択・学修1単位
担当教員 須田 猛 連絡先 
講義の概要 分析化学の基礎となる化学反応とその原理を学習して、分析化学へ応用される理論的な理解力を養うとともに、それが濃度計算、pH計算、実際の容量分析(滴定分析法)へどのように利用されるかについて、実用的な観点から学ぶ。
到達目標 1.化学分析法の体系を把握し、それぞれの化学分析法のポイントを理解する。
2.それぞれの化学分析法の背景となる理論的な考え方に習熟する。
3.理論的考察に基づく計算に習熟する。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
後期 第1週 分析化学の概要と位置付け  定性、定量の観点からの化学定量分析の概要とその体系化  
第2週 酸塩基平衡論(1) ブレンステッド・ローリーの定義に基づく平衡論  
第3週 酸塩基平衡論(2) pH平衡計算  
第4週 酸塩基平衡と中和滴定分析 中和滴定法の理論、滴定曲線、指示薬、応用例  
第5週 沈殿平衡論(1) 沈殿溶解平衡と溶解度積の計算  
第6週 沈殿平衡論(2)と沈殿滴定法 沈殿滴定法の理論と応用  
第7週 (中間試験)  
第8週 酸化還元平衡論(1) 半電池式、電極電位、電池の起電力  
第9週 酸化還元平衡論(2) ネルンストの式、酸化還元電位、酸化還元平衡定数  
第10週 酸化還元滴定 過マンガン酸滴定法、ヨウ素滴定法の概要と応用  
第11週 錯体生成平衡(1) 錯体生成平衡論と安定度定数  
第12週 錯体生成平衡(2) 溶液pHの錯形成平衡に及ぼす影響  
第13週 キレート滴定法 EDTAキレート滴定法の概要と応用  
第14週 沈殿平衡と金属イオンの定性分析 金属イオンの系統的分析について  
第15週 (期末試験)    
第16週 総復習    
学習教育目標 Aに対応
達成項目本科イ)に対応 JABEE
認定基準
(A-1),(c)に対応
教科書・参考書 教科書:加藤正直他 「基礎からわかる分析化学」(森北出版)
参考書:日本分析化学会北海道支部編「分析化学反応の基礎」(培風舘) 
    庄野利之他 「分析化学演習」(三共出版)
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、自己学習の確認のため本校e-ラーニングサーバー(gp-lms.ibaraki-ct.ac.jp)内の小テストの成績を20%、2回の定期試験の成績を80%として評価を行い、合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
講義用ノートおよびテキストを見直し、関連する例題および演習問題を解くこと。また本校e-ラーニングサーバー(gp-lms.ibaraki-ct.ac.jp)内にある自習用e-ラーニングコンテンツの関連する部分の例題・演習問題を解いておくこと。講義で示した次回予定部分の予習を行うこと。