物質 化学ゼミナール 3年・通年・必修・履修1単位
担当教員 須田 猛、鈴木 康司、ルイス グスマン、岩浪 克之、宮下 美晴、小松崎 秀人、石村 豊穂、依田 英介、小林 みさと 連絡先 
講義の概要 前期:2年次の化学ゼミナールに引き続いて、3年次でも少人数のグループで各教員の指導のもと、やや長文の科学に関する英語を読みながら、科学的な英文に慣れ親しんで英語力を身につける。
後期:2年次の分析化学の復習と演習を行う。
到達目標 1.科学英文の単語力、読解力をつける。
2.英語学習を通して各教員とのコミュニケーションを図り、物質工学科を理解する。
3.分析化学の体系と知識を修得する。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 ガイダンス 本授業の目的、日程、および予習法について。  
第2週 1. Is an astronaut really weightless in space? 1.長文においても主語(主部)と動詞(述部)を意識して訳せるようにする。2.動詞については、自動詞と他動詞を区別して訳せるようにする。3.科学英文法(テキストp1-16)を理解する。上記の3つについて特に留意しながら、科学英文の読み方を理解する。  
第3週           〃 同上  
第4週           〃 同上  
第5週 2. Is the earth slowing down? 同上  
第6週           〃 同上  
第7週 (中間試験)  
第8週  Is the earth slowing down?の続き 同上  
第9週 3. How does a thermometer work? 同上  
第10週           〃 同上  
第11週           〃 同上  
第12週 4. Can tides be used to generate electricity? 同上  
第13週           〃 同上  
第14週           〃 同上  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 学習した内容の総復習  
後期 第1週 1.分析化学の体系 定性、定量の観点からの化学分析、機器定量分析の体系化  
第2週 2.定性分析
 2-1)陽イオン分析の理論
硫化水素法による陽イオン分析法の体系  
第3週  2-2)溶解度積と沈殿平衡計算
 2-3)陰イオン分析
溶解度積の応用と沈殿生成の関係
陰イオン分析法のポイント
 
第4週 3.定量分析
 3-1)重量分析
重量分析法の原理と応用例  
第5週  3-2)容量分析 A)pH滴定 一次標準、pH滴定法の理論、滴定曲線、指示薬、応用例  
第6週    (その2) 塩基混合物の同時定量、pH計算  
第7週 (中間試験)  
第8週   B)沈殿滴定 沈殿滴定の理論と応用、Mohr法、Volhard法  
第9週   C)酸化還元滴定 半電池式、過マンガン酸滴定法  
第10週    (その2) ヨウ素滴定法、酸化還元滴定の計算  
第11週   D)キレート滴定 キレート剤、キレート滴定指示薬、エントロピー効果  
第12週 4.機器定量分析
 4-1)機器定量分析の一般論
物質量と機器の出力量、検量線法  
第13週  4-2)吸光光度法
 4-3)原子吸光法
吸光光度法の定量原理と応用、原子吸光法の定量原理と応用、標準添加法  
第14週  4-4)クロマトグラフ法 クロマトグラフの定量原理と応用、内部標準法  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 本授業の総復習  
学習教育目標 A,Fに対応 達成項目本科イ)、チ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 テキスト:「化学ゼミナールテキスト」(茨城高専・物質工学科 編集)
     「分析化学のまとめ」(茨城高専・物質工学科 編集)
評価方法及び
合格基準
前期の科学英語の成績評価は、定期試験の成績80%、英単語の小テストの成績20%で行う。
後期の成績の評価は、定期試験の成績で行う。前期および後期の平均の成績が60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
前期の授業は,小グループに分かれ,各教員の部屋で行います。これは2つの大きな目的があります。1つ目は、少人数で科学英語を学習しながら英語力を養うことで、2つ目は、物質工学科の各教員室で授業を行うことにより、教員とのコミュニケーションを図り、物質工学科のより一層の理解に役立てることです。今年度は英単語の小テストもあるので、しっかり予習して下さい。後期の授業は、分析化学の総復習を行うので、2年生でやった分析化学をしっかり予習しておいて下さい。