物質 物質工学実験Ⅰ(分析化学実験) 2年・通年・必修・履修3単位
担当教員 須田 猛 、石村 豊穂 連絡先 
講義の概要 分析化学の授業と連携して、講義で学習した内容について実際に実験を通して体験し、学習内容の理解を深める。また安全に化学実験を行うために実験器具の取り扱いに習熟するようにする。
到達目標 1. 実験装置・器具・情報機器等を利用して目的を達成する手法を理解・習得する。
2. 実験・演習を通じて工学の基礎に係わる知識を理解する。
3. 実験から得られたデータや演習内容について工学的に考察し説明・説得できる。
4. 自らの考えを論理的に記述することができる。
5. 討議やコミュニケーションすることができる。
実験テーマ理解すべき内容 担当者
前期 オリエンテーションおよび実験の基本操作について(2週) 実験に対する心構えなどのオリエンテーションおよび各実験器具の名称を覚え、取り扱い方に慣れ、ガラス器具の洗浄方法やガラス器具を使っての加熱方法について実験する 須田・石村
酸および塩基の溶液の調製(3週) 希塩酸や水酸化ナトリウムなどの酸および塩基の溶液の作り方について実習する。 須田・石村
化学変化と化学量論 炭酸カルシウムと塩酸の反応を通して化学反応の量的関係を調べ、化学反応式を作成する 須田・石村
酸と塩基(2週) 酸・塩基溶液のpHの測定や酸・塩基と物質との反応において酸や塩基の強さおよび濃度と反応速度の関係を調べる 須田・石村
中和滴定曲線の作成(2週) 酸と塩基の中和反応において中和反応の進行とともに溶液のpHがどう変化するか調べる。 須田・石村
中和滴定分析(4週) ①中和滴定で用いる標準溶液の調製法について実験する
②標準溶液の正確な濃度の決定法(標定)について実験する
③いくつかの実際の試料について酸および塩基の定量分析を行い含まれる量を求める
須田・石村
後期 酸化還元滴定分析法(3週) ①過マンガン酸カリウム滴定法について、標準溶液を調製する
②標準溶液の正確な濃度を求める方法(標定)について実験する
③実際に試料中に含まれる成分の定量分析を行う
須田・石村
金属イオンの個別反応(6週) 第1属から第5属までの金属イオンについて、様々な試薬との反応を行い、その特徴と性質について理解する。 須田・石村
金属イオンの系統的定性分析(2週) 第1~5属までの金属イオンのうち3種が含まれる溶液から、どのような金属イオンが含まれているか検出する。 須田・石村
重量分析による定量分析(3週) 沈殿重量分析法について実験を行い、一連の実験操作についてその意義を確認しながら実験の操作方法に関して熟練する。また実際に試料中の目的成分を定量的に求める。 須田・石村
実験のまとめ 須田・石村
学習教育目標 A,B,Fに対応 達成項目本科イ)、ロ)、チ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:プリント使用
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、実験への取り組み状況50%、レポートの内容50%で行い、合計の成績が60点以上のものを合格とする。
ただし、提出すべきレポートのうち1通でも未提出のものがある場合には不合格とする。
なお、定められた期限内にレポートが提出されなかった場合は減点する。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
実験レポートの提出期限は厳守すること。実験は基本的に各個人で行うので他人を頼らず、自力で実験できるようにしてもらいたい。また実験中は危険防止のため必要に応じて保護眼鏡を着用し安全を心がける。