物質 無機化学I 2年・通年・必修・履修1単位
担当教員 砂金 孝志 連絡先 
講義の概要 元素について、その原子の中に存在する電子の数とエネルギー状態から考えられるように解説する。そして、その元素からなる無機化合物の構造、結合状態、性質について基本的考え方を解説する。
到達目標 1.周期表の意味を原子の電子配置から理解できるようになること。
2.無機化合物の構造、結合、性質について、その基本的考え方が理解できるようになること。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 1.無機化合物の名称 基本的な無機化合物の化学式、体系名  
第2週 2.原子構造と周期律 
(1)元素と原子
原子の構造、原子と元素の違い  
第3週 (2)元素の電子配置① 電子のエネルギー準位  
第4週 (3)元素の電子配置② 原子の電子配置  
第5週 (4)電子雲の方向性 電子雲の形  
第6週 (5)量子数の種類 量子数の種類、フントの法則、パウリの原理  
第7週 (中間試験)  
第8週 (6)元素の周期律 周期表にもとづく元素の分類  
第9週 (7)典型元素と遷移元素 典型元素と遷移元素の特徴  
第10週 3.元素の一般的性質
(1)イオン化エネルギー①
原子とイオンの大きさ  
第11週 (2)イオン化エネルギー② イオン化エネルギーとその周期表の傾向    
第12週 (3)電子親和力 イオン化エネルギーと電子親和力の違い  
第13週 (4)電気陰性度① 電気陰性度について  
第14週 (5)電気陰性度② 電気陰性度とその周期律表での傾向  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 前期分の復習  
後期 第1週 4.化学結合
(1)化学結合の種類
化学結合の種類とその強さ  
第2週 (2)イオン結合 イオン結合とイオン結晶  
第3週 (3)共有結合① 共有結合とイオン結合の違い  
第4週 (4)共有結合② 混成軌道と構造、配位結合  
第5週 (5)金属結合① 金属結合について  
第6週 (6)金属結合② 代表的な金属の結晶構造  
第7週 (中間試験)  
第8週 (7)電子対反発則① 電子対反発則の考え方  
第9週 (8)電子対反発則② 電子対反発則による分子の形の推定  
第10週 5.酸と塩基
(1)酸と塩基の定義①
アーレニウスの定義、ブレンステッドの定義  
第11週 (2)酸と塩基の定義② ルイスの定義、電子対の受容と供与  
第12週 (3)酸と塩基の反応 酸・塩基反応について  
第13週 6.酸化数と酸化・還元
(1)酸化数
各化合物やイオンにおける原子の酸化数  
第14週 (2)酸化数と酸化・還元 酸化・還元反応、酸化剤・還元剤  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 後期分の総復習  
学習教育目標 Aに対応 達成項目本科イ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:平尾、田中、中平ら共著 「無機化学-その現代的アプローチ-第2版」(東京化学同人)
参考書:リー 「無機化学」(東京化学同人)
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、定期試験の成績90%、レポートの成績を10%で行い、合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
いよいよ化学を分野別に学ぶようになりました。この講義では無機化学の基本的な事項について学んでいきます。そして、3年生以降にさらに理論的・論理的に無機化学について考えられるようにしましょう! 
講義ノートの内容を見直し、理解不十分なところがあれば、教科書で調べたり、教員に聞くなどして解決してください。