物質 基礎化学演習 1年・通年・必修・履修2単位
担当教員 佐藤 稔 連絡先 
講義の概要 一般必修科目「化学」の講義内容について演習を通して理解を深める。
到達目標 一般必修科目「化学」の講義内容について問題集の問題が解けるようにすること。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 物質の構成 元素と元素記号、単体と化合物、同素体に関する演習  
第2週 純物質と混合物 純物質と混合物に関する演習  
第3週 物質とその成分 物質の三態と熱運動、単体と化合物、同素体、成分元素の検出、物質の三態、物質の状態変化、熱運動と温度  
第4週 物質の構成粒子(1)原子とイオン 原子とイオン、同位体と質量数 原子の電子配置に関する演習  
第5週 物質の構成粒子(2)元素の周期律 元素の周期律に関する演習  
第6週 粒子の結合 イオン結合、イオン結合物質の表し方、組成式、性質  
第7週 総合演習 第1週から6週までの復習およびその演習  
第8週 共有結合でできた物質
金属結合と金属
分子結晶、共有結合の結晶、高分子化合物、
金属結合、金属の性質、金属とその利用
 
第9週 粒子の相対質量と物質量 原子量・分子量・式量および物質量に関する演習、重さと物質量と分子量(式量)に関する演習  
第10週 気体の体積、個数、物質量、分子量の関係 気体の体積、個数、物質量、分子量の関係に関する演習  
第11週 濃度 濃度に関する演習  
第12週 化学反応式のつくり方(1) 化学反応式のつくり方に関する演習  
第13週 化学反応式のつくり方(2) 化学反応式と物質量に関する演習  
第14週 総合演習 第8週から13週までの復習およびその演習  
第15週 (期末試験) 期末試験は実施しない  
第16週 前期の総復習 前期の総復習  
後期 第1週 酸と塩基の反応(1) 酸と塩基に関する演習  
第2週 酸と塩基の反応(2) 酸と塩基の価数に関する演習  
第3週 水の電離と水溶液のpH 水の電離と水溶液のpHに関する演習  
第4週 中和反応と塩(1) 中和反応と塩に関する演習  
第5週 中和反応と塩(2) 中和反応と塩に関する演習  
第6週 中和滴定 中和滴定に関する演習  
第7週 総合演習 第1週から6週までの復習およびその演習  
第8週 酸化・還元反応 酸化・還元反応に関する演習  
第9週 酸化・還元と酸化数 酸化数に関する演習  
第10週 酸化剤・還元剤 酸化剤・還元剤に関する演習  
第11週 金属のイオン化傾向 金属のイオン化傾向に関する演習  
第12週 電池 電池に関する演習  
第13週 電気分解 電気分解の原理、各種水溶液の電気分解、ファラデーの法則  
第14週 溶解度、蒸気圧降下、沸点上昇、凝固点降下 溶解度、蒸気圧降下、沸点上昇、凝固点降下に関する演習  
第15週 (期末試験) 期末試験は実施しない  
第16週 総復習 全体のまとめ  
学習教育目標 Aに対応 達成項目本科イ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:『セミナー2016 化学基礎+化学』第一学習社
参考書:『高等学校 化学基礎』『化学』 数研出版株式会社
   
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、小テストのみで行い、定期試験は行わない。各四半期毎に小テストの合計点を100点満点に換算する。それらの平均の成績が60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
「化学」の講義内容について、演習を行うので「化学」の復習をよくやっておくこと。電卓の使用可。