情報 応用物理Ⅱ  4年・前期・選択・学修2単位
担当教員 佐藤桂輔 連絡先 
講義の概要 前半は熱力学の基礎と原子の世界を扱う。後半は質点の力学を微積分を用いて扱う。
到達目標 1.熱力学の第一法則と第二法則を理解する。
2.放射線の性質、原子核の構造、核エネルギーについて理解し説明できる。
3.質点の運動を微分方程式で表し、現象を解析できる。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 気体の状態方程式 気体の状態方程式と分子運動論を理解する。  
第2週 熱力学第一法則 熱力学の第一法則と気体の状態変化を理解する。  
第3週 熱機関 カルノー・サイクルなどの熱機関を理解する。  
第4週 熱力学第二法則 熱力学の第二法則とエントロピーを理解する。  
第5週 原子核の構成粒子
原子核の崩壊と半減期
原子核の構成粒子と崩壊について理解する。  
第6週 放射線の性質と検出器
原子核の質量欠損と結合エネルギー
放射線の性質と人体に及ぼす影響について理解する.原子核の質量欠損と結合エネルギーの関係を理解する。  
第7週 (中間試験)  
第8週 運動の法則 微分、積分を用いた速度、加速度の扱いを理解する。ニュートンの運動法則を理解する。  
第9週 運動方程式と微分方程式 等加速度運動、空気抵抗を受ける物体の運動を理解する。  
第10週 保存則 運動エネルギーと仕事、運動量と力積、力学的エネルギー保存則、運動量保存則を理解する。  
第11週 振動運動 単振動を微分、積分を用いて理解する。  
第12週 連成振動 連成振動を理解する。  
第13週 外力の作用する振動運動 粘性抵抗のあるばねの振動、強制振動を理解する。
 
第14週 角運動量 角運動量と力のモーメント、角運動量保存則を理解する。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 Aに対応 達成項目本科イ)に対応 JABEE
認定基準
(A-1),(c)に対応
教科書・参考書 教科書:適宜プリントを配布
参考書:小出昭一郎著「物理学」など
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、定期試験の成績80%、宿題の成績20%で算出し、合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
講義の予習と復習をすること。講義で扱った例題は自ら手を動かして、確実に解けるようにすること。