情報 電子情報工学実験 4年・通年・必修・履修4単位
担当教員 村田 和英、蓬莱 尚幸、市毛 勝正、小飼 敬、弥生 宗男、澤畠 淳二、服部 綾佳 連絡先 
講義の概要 電気・電子工学、情報工学に関する原理、法則を単なる観念的理解にとどめず、実験によって体得する。実験方法、報告書の作成、基礎的事項の習得およびPBLを通じて自ら問題を発掘すること等に重点を置き、将来の技術者としての基礎学力と問題解決能力を養うことを目的とする。
到達目標 1. 実験装置・器具・情報機器等を利用して目的を達成する手法を理解・習得する。
2. 実験・演習を通じて工学の基礎に係わる知識を理解する。
3. 実験から得られたデータや演習内容について工学的に考察し説明・説得できる。
4. コンピュータを用い情報を収集したりデータを分析したりすることができる。
5. 与えられた制約の下で、自主的に問題解決に取り組むことができる。
6. 自らの考えを論理的に記述し、定められた期限内に報告書を提出することができる。
7. 討議やコミュニケーションすることができる。
実験テーマ理解すべき内容 担当者場所
前期 ガイダンス(1週) 各実験テーマについて、実験目的や実験の基礎的な理論、実験の注意点を理解する。 担当各教員 HR教室
(1) 帰還増幅器・高域補償増幅器 帰還増幅器および高域補償増幅器の理論と特性を理解する。 村田 電子工学実験室(2F)
(2) IC演算増幅器と応用回路 演算増幅器の基本的な動作特性と応用回路について理解する。 澤畠 電子工学実験室(2F)
(3) 線形回路のパルス応答 線形回路より出力されるパルス波形の概念を把握する。 弥生 電子情報応用実験室(3F)
(4) プログラミング演習I 2次元データを整理して、相関係数や回帰曲線を求めるプログラミングについて理解する。 蓬莱 情報工学演習室(1F)
(5) プログラミング演習II スクリプト言語の基礎と応用例を、実験を通して理解する。 小飼 情報工学演習室(1F)
検討・まとめ (4週) 上記の各実験において、実験結果や疑問点について議論し、実験内容の理解を深める。 担当各教員 HR教室
後期 PBLガイダンス (2週) 各実験テーマについて、実験目的や実験の基礎的な理論、実験の注意点を理解する。 担当各教員 HR教室
PBL
学校生活の問題を解消する
システムの開発 (12週)
マイコンとセンサーを利用し、
・小型情報端末と連携するシステム
・自立的に動作するシステム
の設計・開発を行う。
担当各教員 情報工学演習室 (1F)、電子工学実験室 (2F)
検討・まとめ (1週) 上記の各実験において、実験結果や疑問点について議論し、実験内容の理解を深める。 担当各教員 HR教室
履修上の注意 実験テーマ(1)~(5)は5グループに分かれて各実験テーマを2週で行う。PBLは1つのテーマを12週行う。ガイダンスは前期の初めに、検討・まとめは実験テキストの日程表にしたがって行う。
学習教育目標 A,B,Fに対応 達成項目本科イ)、ロ)、ニ)、チ)に対応 JABEE
認定基準
(A-3),(B-1),(B-5),(F-1),(d)-(1),(e),(f),(g),(h),(i)に対応
教科書・参考書 教科書:電子情報工学実験テキスト(配布プリント)
参考書:実験課題ごとの参考文献については、各実験担当教員に問い合わせること。
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、実験への取り組み状況50%、レポートの内容50%で行い、合計の成績が60点以上の者を合格とする。ただし、提出すべきレポートのうち1通でも未提出のものがある場合には不合格とする。
なお、定められた期限内にレポートが提出されなかった場合には減点する。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
関数電卓、方眼紙、記録ノート等を用意すること。事前に各実験テーマの内容を調べて実験に臨み、測定・記録等の役割を固定せずに各人が積極的に様々な経験を積むこと。