情報 電気エネルギー工学 3年・後期・必修・1単位
担当教員 山口 一弘 連絡先 
講義の概要 電気エネルギーは消費の立場から見るとクリーンで、家電製品、情報通信、交通など幅広い分野で利用されているが、電気エネルギーの生成では環境への悪影響やエネルギー資源の枯渇等の問題を抱えている。本講義では、電気エネルギーの供給や環境への影響などを概説する。一方、この講義では電気電子計測の基礎についても説明する。計測の目的や誤差評価などを理解し、並行して行われている学生実験への理解を深めることを目的に、計測の基礎を説明する。
到達目標 1. 様々なエネルギー源から発電する方法を説明できること。
2. 電気エネルギーの発電・輸送・利用と環境問題との関わりを説明できること。
3. 計測の分類や誤差の定義等、計測の基礎について説明できること。
4. 電気諸量の測定法と測定上の注意について説明できること。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
後期 第1週 電気エネルギーの供給と環境問題(1) 電力に変換されるエネルギー資源とその消費量の現状を説明できる。また、電力の供給システムについて説明できる。  
第2週 電気エネルギーの供給と環境問題(2) 電力技術と環境問題を説明できる。  
第3週 従来の発電システム(1) 火力発電と水力発電のしくみを説明できる。  
第4週 従来の発電システム(2) 原子力発電のしくみを説明できる。  
第5週 環境にやさしい発電システム 太陽光発電や風力発電などのしくみを説明できる。  
第6週 送配電システム 送電システムと配電システムのしくみを説明できる。  
第7週 (中間試験)  
第8週 計測の基礎(1) 単位系やトレーサビリティなどを説明できる。  
第9週 計測の基礎(2) 計測法の分類、精度や誤差などの定義などを説明できる。  
第10週 計測の基礎(3) 測定データの処理などについて説明できる。  
第11週 計測器 電流・電圧の測定をとおして、計測器の動作原理、測定法や測定範囲拡大のための工夫などを説明できる。  
第12週 電気諸量の測定 抵抗やインピーダンスなどの測定法を説明できる。  
第13週 ディジタル計測 ディジタル計測やディジタル量の扱いなどを説明できる。  
第14週 信号の観測 信号波形の観測方法や解析法について説明できる。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 A,Bに対応 達成項目本科イ)、ロ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 プリントを配付する。
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、定期試験の成績50%と課題レポート50%で行い、その合計の成績が60点以上の者を合格する。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
本科目では電気エネルギーの供給や環境へ影響、計測の基礎について学ぶ。
講義ノートの内容を見直し、復習すること。次回部分の予習をしておくこと。