情報 プログラミング基礎 2年・通年・必修・履修2単位
担当教員 小飼 敬 連絡先 
講義の概要 より高度なC言語プログラミングの学習を通し,コンピュータソフトウェアの開発の基礎を学ぶ。また,ソフトウェアシステムの基本的な仕組みに焦点を当て,講義や演習を通して理解を深める。
到達目標 1.複雑な手順やデータを扱うプログラムを作成するための知識や技術を身に付ける。
2.ソフトウェア開発環境の仕組みを理解し,プログラミングに応用するための技術を身に付ける。
3.ソフトウェアシステムとしての構成を考え構築するための基礎知識を理解する。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 C言語の概要の復習 C言語の特徴,利用分野  
第2週 プログラミングの手順 プログラムの作成と実行の概要, エディタによるコーディング  
第3週 プログラム実行環境 プログラムの実行とライブラリの利用  
第4週 ソースコード 分割コンパイル,ヘッダファイルの活用  
第5週 モジュール化 関数による機能分割  
第6週 マクロ マクロの定義と利用方法, 関数形式マクロ  
第7週 (中間試験)  
第8週 配列によるデータ表現(1) 文字列など配列を使った様々なデータの表現方法  
第9週 配列によるデータ表現(2) 多次元配列を使ったデータの表現方法  
第10週 数値表現 数値, 文字などの表現方法, 型の変換  
第11週 演算子(1) 基本的な演算に対する演算子  
第12週 演算子(2) 論理演算などに対する演算子  
第13週 条件分岐 条件分岐を使った様々な処理  
第14週 繰り返し 繰り返しを使った様々な処理  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
後期 第1週 アドレス アドレスの概念と表現方法  
第2週 ポインタ ポインタの宣言, 利用方法  
第3週 引数とポインタ 関数の引数としてのポインタの利用  
第4週 配列とポインタ ポインタを利用した配列の処理  
第5週 文字列とポインタ ポインタを利用した文字列の処理  
第6週 ポインタの応用 ポインタを使った様々な処理  
第7週 (中間試験)  
第8週 ファイル入出力(1) ファイル入出力処理の基本的な流れ  
第9週 ファイル入出力(2) ファイル入出力を使った様々な処理  
第10週 構造体 構造体の仕組み  
第11週 配列と構造体 構造体の配列の処理  
第12週 ポインタと構造体 ポインタを使った構造体によるデータ構造の表現  
第13週 構造体の操作 構造体によるデータ構造への操作  
第14週 総合的なプログラム ポインタ, 構造体などを利用したプログラム例  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
履修上の注意 授業のほとんどは演習室で行う。指定の演習室に直接来ること。
学習教育目標 A,Bに対応 達成項目本科イ)、ロ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:高橋麻奈「やさしいC」(ソフトバンククリエイティブ), 資料配付
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、定期試験の成績80%、小テストの成績20%で行い、合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
1年次「プログラミング概論」を踏まえた内容なので,受講前によく復習しておくこと。「概論」より複雑な情報を扱うためのプログラミングを考え作成する内容であり,授業中におけるプログラミング演習が内容理解のために重要である。自ら考え積極的に進めるよう心がけてほしい。