情報 電気と磁気 2年・通年・必修・履修1単位
担当教員 山口 一弘 連絡先 
講義の概要 工学の分野において、電気現象や磁気現象を理解することは非常に重要である。本教科では、電界、電位、コンデンサ、磁界、電磁誘導などの基礎を学ぶ。
到達目標 1.電荷による電界や電位が説明でき、それらの計算ができること。
2.静電容量の定義が説明でき、計算ができること。
3.電流による磁界の現象が説明でき、磁界の計算ができること。
4.電磁誘導の現象が説明でき、誘導起電力などの計算ができること。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 クーロンの法則 クーロンの法則を説明し、数式を用いて記述できる。  
第2週 重ねの理 重ねの理と力の合成を説明できる。  
第3週 クーロン力の計算(1) クーロンの法則と重ねの理を応用し、クーロン力を計算できる。  
第4週 クーロン力の計算(2) クーロンの法則と重ねの理を応用し、クーロン力を計算できる。  
第5週 電界 電界を説明できる。  
第6週 電気力線 電気力線と電界の関係を説明し、電界を視覚的にイメージできる。  
第7週 (中間試験)  
第8週 電界の計算(1) 例題をとおして、電界の計算法を習得できる。  
第9週 電界の計算(2) 例題をとおして、電界の計算法を習得できる。  
第10週 ガウスの法則 ガウスの法則を説明できる。  
第11週 ガウスの法則の応用(1) ガウスの法則を応用して、電界の計算ができる。  
第12週 ガウスの法則の応用(2) ガウスの法則を応用して、電界の計算ができる。  
第13週 電位 電位を説明できる。  
第14週 電位の計算 電位の計算ができる。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 これまでの総復習を行う。  
後期 第1週 コンデンサ コンデンサの構造と静電容量の定義を説明できる。  
第2週 分極とコンデンサ 分極の現象と、分極と静電容量の関係を説明できる。  
第3週 静電容量の計算 コンデンサの直列・並列接続において、合成静電容量を計算できる。  
第4週 電流 材料の中を流れる電流を説明できる。  
第5週 磁界 平行電流間に作用する力をとおして磁界の概念を説明できる。  
第6週 磁束線と磁束密度 磁束線と磁束密度の関係を説明できる。  
第7週 (中間試験)  
第8週 ビオ・サバールの法則 ビオ・サバールの法則を説明できる。  
第9週 電流と磁界 例題をとおして、電流がつくる磁界を計算できる。  
第10週 電磁力 電磁力を理解し、平行電流間に作用する力などを計算できる。  
第11週 ローレンツ力 ローレンツ力を説明できる。  
第12週 電磁誘導の法則(1) 電磁誘導の法則を説明できる。  
第13週 電磁誘導の法則(2) 誘導起電力を計算できる。  
第14週 自己インダクタンス 電磁誘導と自己インダクタンスの関係を説明できる。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 これまでの総復習を行う。  
学習教育目標 A,Bに対応 達成項目本科イ)、ロ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書: 柴田尚志、皆藤新一「電気基礎」(コロナ社)
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、定期試験の成績80%及び課題の成績20%で行う。成績が60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
本教科で学ぶ内容は、3学年以上で学ぶ、多くの電気・電子系教科の基礎知識となるものであるので、本教科をとおして電気、磁気現象の基礎をよく理解すること。