情報 電気回路 I 1年・通年・必修・履修1単位
担当教員 市毛 勝正 連絡先 
講義の概要 電気・電子回路の基礎となる物理量(電流・電圧・電気の仕事量など)の基礎概念と、回路の理解と解析の基本法則であるオームの法則・キルヒホッフの法則を学ぶ。
到達目標 1.電圧、電流、電力、抵抗の物理的意味を理解する。
2.電源と抵抗の組合せからなる直流電気回路の計算をオームの法則、キルヒホッフの法則、重ねの理、テブナンの定理を用いてできる。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 イントロダクション 電気回路を学ぶ意義と電気回路の応用例について理解する。  
第2週 電荷と電流 電流およびその担い手である電荷について理解する。  
第3週 電位と電位差 電位と電位差の関係について理解する。  
第4週 オームの法則 オームの法則を理解する。  
第5週 電圧降下 電圧降下を理解する。  
第6週 演習 オームの法則に関する演習  
第7週 (中間試験)  
第8週 抵抗の直列接続、分圧則 抵抗を直列接続した場合の電圧、電流について理解する。  
第9週 抵抗の並列接続、分流則 抵抗を並列接続した場合の電圧、電流について理解する。  
第10週 簡単な直流回路 抵抗の直列・並列接続を組み合わせた回路の解析について理解する。  
第11週 等価回路と合成抵抗 等価回路の概念と合成抵抗について理解する。  
第12週 演習 直流回路についての演習  
第13週 電圧源と電流源 理想電圧源・電流源について理解する。  
第14週 内部抵抗を考慮した電源回路 内部抵抗を考慮した電圧源・電流源について理解する。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
後期 第1週 キルヒホッフの電流則、電圧則 キルヒホッフの電流則、電圧則を理解する。  
第2週 枝電流法(1) 枝電流法による回路解析方法を理解する。  
第3週 枝電流法(2) 枝電流法による回路解析ができる。  
第4週 網目電流法(1) 網目電流法による回路解析方法を理解する。  
第5週 網目電流法(2) 網目電流法による回路解析ができる。  
第6週 演習問題 回路解析についての演習  
第7週 (中間試験)  
第8週 ブリッジ回路 ブリッジ回路と平衡条件について理解する。  
第9週 重ねの理(1) 重ねの理を理解する。  
第10週 重ねの理(2) 重ねの理による回路解析ができる。  
第11週 テブナンの定理(1) テブナンの定理を理解する。  
第12週 テブナンの定理(2) テブナンの定理による回路解析ができる。  
第13週 電気の仕事と電力 電気の仕事と電力について理解する。  
第14週 直流回路における電力 直流回路における電力について理解し、計算ができる。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 A, Bに対応 達成項目本科イ)、ロ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:柴田尚志、皆藤新一「電気基礎」(コロナ社)
    
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、定期試験の成績80%、および課題の成績20%で行い、合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
電気・電子回路を学ぶ上での基礎となる科目であり、計算が出来るだけでなく物理的意味の理解が重要です。
演習を多く行うので、自分自身の力で問題をよく考えて取り組むこと。