電気 電気応用工学 5年・後期・選択・学修1単位
担当教員 古関 庄一郎 連絡先 
講義の概要 電気応用システムについて電動力応用,電気化学,電気加熱,照明,冷凍,分散型電源など幅広い範囲について学ぶ。電動力応用に関しては,例として特に電気鉄道についても追加して学ぶ。
到達目標 1.各種電気応用技術に関する基礎知識を習得し,電気エネルギーの利用についての代表的な応用技術の原理などを説明できるようになる。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
後期 第1週 1. 電気エネルギー 電気エネルギーの発生,制御,利用について説明できる。  
第2週 2. 電動力応用
・ 電動力の利用
電動機の始動,加速,制動などについて説明できる。  
第3週 ・ 電動機駆動システム 電動機によって駆動されるシステム,及びその制御方法について説明できる。  
第4週 3. 電気化学,電池 電気化学の基本を理解し,各種電池について説明できる。
できる。
 
第5週 4. 電気加熱
・ 各種加熱方式
各種電気加熱方法を説明できる。  
第6週 ・ レーザー,電気溶接
5. 照明
レーザー,電気溶接について説明できる。
蛍光灯,LEDなどの光源,及び照明設計について説明
できる。
 
第7週 (中間試験)  
第8週 6. 電気鉄道
・ 変電システム
電気鉄道の電力供給設備について説明できる。  
第9週 ・ 駆動システム 電気鉄道の駆動システムを説明できる。  
第10週 7. 冷凍,空調 冷凍サイクルの原理を基に冷却について説明できる。  
第11週 8. 静電エネルギー利用 静電エネルギー・放電エネルギーの利用について説明
できる。
 
第12週 9. エネルギー機械 エネルギーを利用するための機器について説明できる。  
第13週 10. 分散型電源 各種分散型電源について原理,特性などを説明できる。  
第14週 11. 総まとめ,加速器の利用 復習を行うとともに,加速器について知る。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 これまでの復習とまとめ  
学習教育目標 A,Bに対応 達成項目本科イ)、ロ)に対応 JABEE
認定基準
(A-2),(B-1),(d)-(1)に対応
教科書・参考書 教科書:「電気エネルギー応用工学」 森本 雅之 著 (森北出版)
その他,資料を配付する
評価方法及び
合格基準
成績の評価は,定期試験の成績80%およびレポートの成績20%で行い,合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
広範囲に利用されている各種電気応用技術を学ぶことは,将来の研究開発・設計生産業務などに携る際に必ず役立つ。なお,卒業後の電気主任技術者免状交付申請を行うために開設されている科目でもある。
この講義は,広い範囲にまたがるので学生自身の学習が強く望まれる。講義の中で出てきた技術内容について,復習をするとともに,分からないことを確認して理解して欲しい。