電気 電気工学総合演習Ⅱ 5年・前期・選択・履修1単位
担当教員 関口 直俊、長洲 正浩 連絡先 
講義の概要 電気回路および電磁気学に関する応用問題を解くことにより、総合力の強化を図る。
到達目標 電気回路および電磁気学の応用問題解法に習熟する。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 電気回路(1) 電気回路の諸定理に関する応用問題の演習  
第2週 電磁気学(1) 静電磁界に関する基本問題の演習(1)  
第3週 電気回路(2) 直列共振、並列共振に関する応用問題の演習  
第4週 電磁気学(2) 静電磁界に関する基本問題の演習(2)  
第5週 電気回路(3) ブリッジ回路に関する応用問題の演習  
第6週 電磁気学(3) 静電磁界に関する応用問題の演習(1)  
第7週 電気回路(4) 微分方程式およびラプラス変換によるRL回路の過度現象の演習  
第8週 電磁気学(4) 静電磁界に関する応用問題の演習(2)  
第9週 電気回路(5) 微分方程式およびラプラス変換によるRC回路の過度現象の演習  
第10週 電磁気学(5) 静電磁界に関する応用問題の演習(3)  
第11週 電気回路(6) 微分方程式およびラプラス変換によるRLC回路の過度現象の演習  
第12週 電磁気学(6) マクスウェル方程式に関する基本問題の演習  
第13週 電気回路(7) 過度現象についての総合演習  
第14週 電磁気学(7) マクスウェル方程式に関する応用問題の演習  
第15週 (期末試験) 定期試験は行わない  
第16週 総復習  
学習教育目標 A,Bに対応 達成項目本科イ)、ロ)に対応 JABEE
認定基準
(A-2),(B-1),(d)-(1)に対応
教科書・参考書 電気回路演習:参考書、柴田尚志著「電気回路Ⅰ」(コロナ社)
電磁気学演習:参考書、柴田尚志著「例題と演習で学ぶ電磁気学」(森北出版)
評価方法及び
合格基準
定期試験は行わず、課題提出により評価する。2人の担当者の平均点が60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
電気回路および電磁気学を基礎とする応用問題を解くことにより、応用力を養います。自分の手で実際に応用問題を解き、課題の解決方法を身につけてください。なお、2人の教員が交代で演習を担当する。