電気 電気工学総合演習Ⅰ 4年・通年・選択・履修1単位
担当教員 ソン キョンミン、皆藤 新一、丸山 智章 連絡先 
講義の概要 物理、伝送回路、電子回路、電気機器に関する演習問題を解くことにより、授業に対する理解を深める。
到達目標 物理、伝送回路、電子回路、電気機器の問題解法に習熟する。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 各種バイアス回路の安定指数 電圧・電流帰還形バイアス回路における安定指数の計算  
第2週 熱力学(1) 温度と熱についての復習  
第3週 回路方程式 ループ方程式と網目方程式の立て方と解法の演習  
第4週 磁気回路 磁気回路における磁束密度や磁気抵抗を求める演習  
第5週 熱力学(2) 熱力学第1法則に関する演習  
第6週 2端子対回路 (1) 2端子対回路の各種パラメータを求める問題演習  
第7週 演習 講義の進度や学生の理解度に応じて、物理、伝送回路、電子回路、電気機器のいずれかの演習を行う  
第8週 増幅回路(1) 増幅器の増幅率と各パラメータの計算  
第9週 熱力学(3) 気体の状態変化に関する演習  
第10週 2端子対回路(2) 2端子対回路の各種パラメータを求める問題演習  
第11週 増幅回路(2) 結合コンデンサによる周波数帯域を求める問題演習  
第12週 線形微分方程式(1) 線形微分方程式の解法演習  
第13週 熱力学(4) カルノーサイクルなどの熱機関に関する演習  
第14週 線形微分方程式(2) 線形微分方程式の解法演習  
第15週 (期末試験) 当科目は期末試験は行わない  
第16週 総復習 これまでの復習とまとめ  
後期 第1週 力学(1) 運動方程式の記述と解法に関する演習  
第2週 直流機 直流機における諸量の計算  
第3週 過渡現象 直流および交流過渡現象問題の演習  
第4週 力学(2) 保存則を用いた解法に関する演習  
第5週 誘導機 誘導機の等価回路における諸量の計算  
第6週 伝送係数と伝送量 動作伝送係数に関連した問題演習  
第7週 演習 講義の進度や学生の理解度に応じて、物理、伝送回路、電子回路、電気機器のいずれかの演習を行う  
第8週 力学(3) 振動運動に関する演習  
第9週 演算増幅器 微分、積分、コンパレータ回路の設計と演習  
第10週 分布定数回路 (1) 波動方程式とダランベールの解についての演習  
第11週 力学(4) 角運動量および力のモーメントに関する演習  
第12週 同期機 同期発電機、同期電動機の出力計算  
第13週 分布定数回路 (2) 伝送線路の反射係数、透過係数に関する演習  
第14週 力学(5) 万有引力と惑星の運動に関する演習  
第15週 (期末試験) 当科目は期末試験は行わない  
第16週 総復習 これまでの復習とまとめ  
履修上の注意 3人の教員が交代で演習を担当する。
学習教育目標 A,Bに対応 達成項目本科 イ)、ロ)に対応 JABEE
認定基準
(A-2),(B-1),(d)-(1)に対応
教科書・参考書 (1)配布プリント
評価方法及び
合格基準
成績の評価は課題提出と小テストにより行い、定期試験は行わない。3人の担当者の平均点が60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
物理学、伝送回路、電子回路、電気機器などの授業に関連する演習問題を解くことにより、自学自習を助けるために行います。自分の手で実際に問題を解き学習してください。