電気 コンピュータ工学Ⅰ 4年・後期・選択・学修1単位
担当教員 吉成 偉久 連絡先 
講義の概要 コンピュータのハードウェアの基礎的な部分の理解を目的とする。まずは,数の体系や論理関数の簡単化および順序回路の設計方法を学習していく。さらに,演算回路を学習していく。
到達目標 1. コンピュータで扱う数の体系を理解し,論理関数の簡単化ができること。
2. 順序回路を設計できること。
3. 演算回路の仕組みを理解できること。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
後期 第1週 数の体系 数の体系を理解する。  
第2週 論理関数の簡単化(1) カルノー図による方法を理解する。  
第3週 論理関数の簡単化(2) クワイン・マクラスキーの方法を理解する。(基本編)  
第4週 論理関数の簡単化(3) クワイン・マクラスキーの方法を理解する。(応用編)  
第5週 順序論理回路(1) 状態遷移図と状態遷移表の作成方法を理解する。  
第6週 順序論理回路(2) 状態遷移図の簡単化を理解する。  
第7週 (中間試験)  
第8週 順序論理回路(3) 応用方程式を理解する。  
第9週 順序論理回路(4) 入力方程式を理解する。  
第10週 レジスタ 各種レジスタを理解する。  
第11週 計数回路 カウンタを理解する。  
第12週 演算回路(1) 直列加算回路と並列加算回路を理解する。  
第13週 演算回路(2) 桁上げ先見加算回路の基本を理解する。  
第14週 演算回路(3) 4ビット桁上げ先見発生回路を理解する。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 A,Bに対応 達成項目本科イ)、ロ)に対応 JABEE
認定基準
(A-2),(B-1),(d)-(1)に対応
教科書・参考書 教科書:田丸 啓吉「論理回路の基礎」(工学図書)
参考書:南谷 崇「論理回路の基礎」(サイエンス社)
評価方法及び
合格基準
成績の評価は中間試験と期末試験の平均点で行い,成績が60点以上の者を合格とする。
ただし,教科書中の指定した演習問題を解いた自学ノートの提出を義務づける。未提出の場合は不合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
ハードウェアの学習であるから、2年次に履修した「ディジタル回路」を復習すること。なお,本教科は,卒業後,電気主任技術者の免状交付申請を行うために開設されている科目である。
予習・復習については、講義ノートの内容を見直し、講義に関係する例題・演習問題を解いておくこと。講義で示した次回予定の部分を予習しておくこと。