電気 生物システム工学 3年・通年・必修・履修1単位
担当教員 丸山 智章 連絡先 
講義の概要 基礎的な生命現象のしくみや、生体内での情報の伝達システムの基本について講義を行う。
到達目標 生体内での各種化学変化、信号の伝達、遺伝についての基本的な事項を理解する。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 細胞(1) 細胞の構造について理解する  
第2週 細胞(2) 細胞膜のはたらきについて理解する  
第3週 細胞(3) 細胞の増殖について理解する  
第4週 生体内の化学反応(1) タンパク質とアミノ酸について理解する  
第5週 生体内の化学反応(2) 酵素のはたらきについて理解する  
第6週 生体内の化学反応(3) エネルギー代謝について理解する  
第7週 (中間試験)  
第8週 刺激の受容と受容器(1) 刺激の受容と感覚の成立について理解する  
第9週 刺激の受容と受容器(2) 視覚器官について理解する  
第10週 刺激の受容と受容器(3) 聴覚器官について理解する  
第11週 神経系(1) 神経系による刺激の伝達について理解する  
第12週 神経系(2) 中枢神経系と末しょう神経系について理解する  
第13週 神経系(3) 反射について理解する  
第14週 反応と効果器 反応と効果器について理解する  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
後期 第1週 遺伝のしくみ(1) 遺伝とメンデルの実験について理解する  
第2週 遺伝のしくみ(2) 一遺伝子雑種の実験と優性・分離の法則について理解する  
第3週 遺伝のしくみ(3) 二遺伝子雑種の実験と独立の法則について理解する  
第4週 遺伝のしくみ(4) 遺伝子間の相互作用について理解する  
第5週 染色体(1) 遺伝と染色体について理解する  
第6週 染色体(2) 連鎖と組換えについて理解する  
第7週 (中間試験)  
第8週 DNA(1) 遺伝子の本体であるDNAについて理解する  
第9週 DNA(2) DNAの構造と半保存的複製について理解する  
第10週 DNA(3) 遺伝暗号とタンパク質合成について理解する  
第11週 DNA(4) バイオテクノロジーとDNAについて理解する  
第12週 生体センシング(1) 生体計測システムの基本について理解する  
第13週 生体センシング(2) センシングとモデル化、シミュレーションについて理解する  
第14週 生体センシング(3) 医療・介護機器について理解する  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 A,Bに対応 達成項目本科イ)、ロ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:鈴木孝仁 監修「フォトサイエンス生物図録」(数研出版),また、適宜プリントを配布する。
参考書:都筑幹夫 編「現代生命科学の基礎」(教育出版),赤澤堅造 著「生体情報工学」(東京電機大学出版局)
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、定期試験の成績で行い、平均の成績が60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
われわれ人間を含む生物がもつ巧みな機能や仕組みを理解し、それが電気・電子工学とどのようにつながるのか、この授業を通して考えてみてください。