電気 電気基礎学 2年・通年・必修・履修2単位
担当教員 ソン キョンミン 連絡先 
講義の概要 1学年の電気基礎学で学んだ電気、磁気に関する現象の理解を深めるとともに、電気回路や電気計測等への応用について学ぶ。
到達目標 1.電界に関するガウスの法則を理解し、電界に関する基礎的な計算ができる。
2.電界と電位の関係を理解し、電位に関する基礎的な計算ができる。
3.電磁力と磁束密度の概念を理解し、電磁力や磁束密度に関する基礎的な計算ができる。
4.アンペールの周回積分の法則を理解し、これを用いた磁束密度の計算ができる。
5.物質中の静電磁界の性質を理解し、物質中の静電界や静磁界に関する簡単な計算ができる。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 1.静電界の法則 電荷間に働くクーロン力とその法則の復習  
第2週 電界の概念を理解する  
第3週 電気力線の性質を理解する  
第4週 ガウスの法則とは何かを理解する  
第5週 球対称と円筒対称の持つ意味を理解する  
第6週 ガウスの法則を適用して電界を求める方法を理解する  
第7週 (中間試験)  
第8週 2.電界と電位 力のする仕事とエネルギーの関係を理解する  
第9週 電界のする仕事とそのエネルギーの関係を理解する  
第10週 電位の概念を理解する  
第11週 電位の傾きと電界の関係を理解する  
第12週 電界から電位の求め方を理解する  
第13週 等電位面の概念を理解する  
第14週 等電位面の傾きと電界の関係を理解する  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 これまでの復習とまとめ  
後期 第1週 3.静磁界の法則 磁界中の電流に働く力と磁束密度の概念を理解する  
第2週 電荷の移動速度と電流の関係を理解する  
第3週 電流の流れる導体間に働く力とローレンツ力を理解する  
第4週 電流の流れるコイルに働く回転力(トルク)を理解する  
第5週 電磁力の計測器への応用を理解する  
第6週 アンペールの周回積分の法則を理解する  
第7週 (中間試験)  
第8週 アンペールの周回積分の法則を用いた磁束密度の求め方を理解する  
第9週 4.物質中の電界と磁界 導体の性質、静電誘導、静電シールドを理解する  
第10週 誘電体中の分極現象を理解する  
第11週 誘電体中の電界と電束密度を理解する  
第12週 コンデンサと静電容量を理解する  
第13週 磁石の作る磁界とその要因を理解する  
第14週 物質中の磁気現象と磁化を理解する  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 これまでの復習とまとめ  
学習教育目標 A,Bに対応 達成項目本科イ)、ロ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:柴田尚志・皆藤新一「電気基礎」(コロナ社)
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、定期試験の成績80%、課題演習の成績10%、およびノートの提出10%で行い、合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
教わるのではなく、常に「何故」と考え、学ぶ習慣を身につけること。1学年で学んだ事をさらに発展させ、電気・磁気現象の電気回路や計器への応用について理解すること。なお、本教科は、卒業後、電気主任技術者の免状交付申請を行うために開設されている科目である。
予習:教科書に目を通し、講義で示した次回の予定箇所の概要を理解する。
   1学年の電気基礎学で学んだ内容も合わせて復習すること。
復習:教科書および講義ノートの内容を見直し、理解不十分なところがあれば教員に聞くなどして補う。
   課題が出された場合には期限までに完成させる。