制御 熱工学 5年・後期・選択・学修1単位
担当教員 田中 光太郎 連絡先 
講義の概要 熱工学は人間にとって身近で重要な学問である。本講義では、特に自動車、飛行機、冷蔵庫などの熱機関および燃焼について学習する。
到達目標 1.熱力学の第1法則を理解する。
2.熱力学の第2法則を理解する。
3.各種熱機関を理解する。
4.燃焼現象を理解する。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
後期 第1週 概論(熱力学の法則) 温度の熱平衡、エンタルピーなどについて理解する。  
第2週 エンタルピーとエントロピー 流動仕事とエンタルピー、エントロピーの定義、利用、変化の計算法について理解する。  
第3週 エネルギーの有効利用とエクセルギー(1) エクセルギー解析の必要性、様々な系のエクセルギーについて理解する。  
第4週 エネルギーの有効利用とエクセルギー(2) 自由エネルギーやエクセルギー損失について理解する。  
第5週 熱力学の一般関係式 熱力学の一般関係式、エネルギー式から導かれる一般関係式、比熱に関する一般関係式について理解する。  
第6週 燃焼 燃焼の形態、空燃比、燃空比、当量比、燃焼のエネルギーバランスについて理解する。  
第7週 (中間試験)  
第8週 ガスサイクル 熱機関とサイクル、オットーサイクルについて理解する。  
第9週 ディーゼルサイクル ディーゼルサイクル、サバテサイクルについて理解する。  
第10週 ガスタービン ブレイトンサイクル、ガス冷凍サイクルについて理解する。  
第11週 蒸気サイクル 蒸気の状態変化、相平衡について理解する。  
第12週 蒸気原動機サイクル ランキンサイクル、その他のサイクルについて理解する。  
第13週 空気調和 湿度、湿り空気線図について理解する。  
第14週 各種冷凍サイクル 各種冷凍サイクルについて理解する。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 後期の内容を復習する。  
学習教育目標 A,Bに対応 達成項目本科イ)、ロ)に対応 JABEE
認定基準
(A-2),(B-1),(d)-(1)に対応
教科書・参考書 教科書:日本機械学会「熱力学」(丸善)
参考書:平田哲夫、他2名「例題でわかる工業熱力学」(森北出版)
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、定期試験の成績80%、その他レポート等の提出物の成績20%で行い、合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
講義ノートの内容を見直し、講義に関する例題・演習問題を解いておくこと。講義で示した次回予定の部分を予習しておくこと。