制御 プログラミングⅡ 3年・通年・必修・履修1単位
担当教員 荒川 臣司 連絡先 
講義の概要 2年次に学んだ「プログラミングⅠ」からの継続内容として,C言語文法の後半部を学ぶ。各種のサンプルプログラムを数多く提示することで理解が深まるよう心がける。教室での文法説明に加えて,コンピュータ演習室においてWindows上のVisualC++コンパイラを用いたプログラミング演習を十分に行う。それにより文法知識を定着させる。
到達目標 1. 関数,ポインタが正しく使用できる
2. 配列とポインタを用いた応用的な文字列処理ができる
3. 構造体が正しく使用できる
4. ファイルを用いた基本的な入出力ができる
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 関数(1) 関数の定義および呼び出しを理解する  
第2週 関数(2) 関数の引数を理解する  
第3週 プログラミング演習 演習を通して第1~2週の内容を深く理解する  
第4週 関数(3) 関数の戻り値および変数のスコープを理解する  
第5週 関数(4) 変数の記憶寿命および関数プロトタイプ宣言を理解する  
第6週 プログラミング演習 演習を通して第4~5週の内容を深く理解する  
第7週 (中間試験) 復習によって前期の前半で学んだ内容を深く理解する  
第8週 ポインタ(1) 変数のアドレスを理解する  
第9週 ポインタ(2) ポインタのしくみを理解する  
第10週 ポインタ(3) ポインタの使い方を理解する  
第11週 プログラミング演習 演習を通して第8~10週の内容を深く理解する  
第12週 ポインタ(4) 関数の引数とポインタの関係(参照渡し)を理解する  
第13週 ポインタ(5) 参照渡しの使い方を理解する  
第14週 プログラミング演習 演習を通して第12~13週の内容を深く理解する  
第15週 (期末試験)  
第16週 前期総復習 前期期末試験問題の解説により,前期に習得した内容を整理して深く理解する  
後期 第1週 配列・ポインタの応用(1) 配列とポインタの関係,および引数と配列の関係を理解する  
第2週 配列・ポインタの応用(2) 文字列とポインタの関係を理解する  
第3週 プログラミング演習 演習を通して第1~2週の内容を深く理解する  
第4週 配列・ポインタの応用(3) ポインタによる文字列操作関数を理解する  
第5週 配列・ポインタの応用(4) 関数ポインタを理解する  
第6週 プログラミング演習 演習を通して第4~5週の内容を深く理解する  
第7週 (中間試験) 復習によって後期の前半で学んだ内容を深く理解する  
第8週 ユーザ定義型(1) 構造体の宣言および初期化を理解する  
第9週 ユーザ定義型(2) 構造体の使い方を理解する  
第10週 ユーザ定義型(3) 列挙型のしくみを理解する  
第11週 プログラミング演習 演習を通して第8~10週の内容を深く理解する  
第12週 ファイルの入出力(1) ファイルへの出力方法を理解する  
第13週 ファイルの入出力(2) ファイルからの入力方法を理解する  
第14週 プログラミング演習 演習を通して第12~13週の内容を深く理解する  
第15週 (期末試験)  
第16週 後期総復習 後期期末試験問題の解説により,後期に習得した内容を整理して深く理解する  
学習教育目標 A,Bに対応 達成項目本科イ),ロ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:(1)高橋麻奈「やさしいC 第4版」(ソフトバンク) 2年次に使用した教科書の続き
   (2)柴田望洋「解きながら学ぶC言語」(ソフトバンク) 
参考書:(1)河西朝雄「C言語標準文法 ポケットリファレンス」(技術評論社)
    (2)柴田望洋「新・明解C言語 実践編」(ソフトバンク)
評価方法及び
合格基準
成績の評価は定期試験の成績70%,演習課題の成績30%で行い,合計の成績が60点以上の者を合格とする。なお,演習課題は全問提出を義務づける。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
マイクロソフト社のVisualStudioCommunityなど,インターネット上でフリーソフトとしてのCコンパイラが公開されている。それらの中から好みのものを入手して各自のコンピュータ環境に展開し,自作ソースコードの入力,コンパイル,実行,デバッグを繰り返し行うことによりいっそう実力が養われる。講義ノートの内容を見直し,講義に関係する例題・演習問題を解いておくこと。講義で示した次回予定の部分を予習しておくこと。