制御 電磁気学Ⅰ 3年・通年・必修・履修1単位
担当教員 堀 利浩 連絡先 
講義の概要 電界や磁界が、電荷や電流からどのように得られるかを学び、基本的な電気・磁気現象について理解する。
到達目標 1. 基本となる定理や法則が示せ、その意味が説明できる
2. 電界および磁界に関する物理量の計算や式の導出ができる
3. 身の周りの簡単な電磁現象が説明できる
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 電荷(1) 物質と電荷について理解する。  
第2週 電荷(2) クーロンの法則について理解する。  
第3週 真空中の静電界(1) 電界と電気力線、電位差と電位について理解する。  
第4週 真空中の静電界(2) 等電位面と電位の傾きについて理解する。  
第5週 真空中の静電界(3) ガウスの法則について理解する。  
第6週 真空中の静電界(4) 帯電導体の電荷分布と電界について理解する。  
第7週 (中間試験)  
第8週 導体系と静電容量(1) 導体系、静電しゃへいについて理解する。  
第9週 導体系と静電容量(2) 静電容量、コンデンサの接続について理解する。  
第10週 導体系と静電容量(3) コンデンサに蓄えられるエネルギー、エネルギーと帯電導体に働く力について理解する。  
第11週 誘電体(1) 誘電体と比誘電率、誘電体の分極について理解する。  
第12週 誘電体(2) 誘電体中のガウスの法則について理解する。  
第13週 誘電体(3) 誘電体境界面での境界条件について理解する。  
第14週 誘電体(4) 誘電体中に蓄えられるエネルギーと力について理解する。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
後期 第1週 真空中の静磁界(1) 磁界、電流による磁界と磁束について理解する。  
第2週 真空中の静磁界(2) アンペアの右ねじの法則について理解する。  
第3週 真空中の静磁界(3) ビオサバールの法則、アンペアの周回積分の法則について理解する。  
第4週 真空中の静磁界(4) 電磁力について理解する。  
第5週 静磁界に関する総復習(1) 静磁界に関して学んだことをしっかり理解したか確認し、理解を確実なものにする。  
第6週 静磁界に関する総復習(2) 静磁界に関して学んだことをしっかり理解したか確認し、理解を確実なものにする。  
第7週 (中間試験)  
第8週 電磁誘導(1) ファラデーの法則について理解する。  
第9週 電磁誘導(2) 物体の運動による起電力について理解する。  
第10週 電磁誘導(3) 渦電流について理解する。  
第11週 電磁誘導(4) 表皮効果について理解する。  
第12週 電磁誘導に関する総復習(1) 電磁誘導に関して学んだことをしっかり理解したか確認し、理解を確実なものにする。  
第13週 電磁誘導に関する総復習(2) 電磁誘導に関して学んだことをしっかり理解したか確認し、理解を確実なものにする。  
第14週 電磁誘導に関する総復習(3) 電磁誘導に関して学んだことをしっかり理解したか確認し、理解を確実なものにする。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 Aに対応 達成項目本科イ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:安達三郎, 大貫繁雄, 「電磁気学」(森北出版)
参考書:小塚洋二, 「電磁気学~その物理像と詳論~」(森北出版)
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、定期試験の成績を70%、課題の成績を30%で行い、平均の成績が60点以上のものを合格にする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
電子制御工学科の電気・電子系科目の基礎科目です。授業は教科書に沿って進めます。電磁気学の理解には、演習問題をたくさん解くことが役立つと言われています。演習問題をできる限り多く解くことを勧めます。