制御 電気回路 3年・通年・必修・履修2単位
担当教員 住谷 正夫 連絡先 
講義の概要 電気,電子工学の基礎となる交流回路の解析方法を学び,基本的な交流回路から交流回路網まで解析ができるように学習する.また,変圧器結合回路,周波数特性および共振回路を理解し動作解析ができるようにする.
到達目標 1.交流回路網の解析方法を理解する
2.交流電力について理解する
3.変圧器結合回路,周波数特性,共振回路について理解する
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 交流回路の基礎事項復習 フェーザ表示、複素数表示の相互変換について理解する  
第2週 交流回路の基礎事項復習 交流回路におけるRLCの作用について理解する  
第3週 2端子回路の直列接続 2端子回路の直列接続おける合成インピーダンスについて理解する  
第4週 2端子回路の並列接続 2端子回路の並列接続おける合成アドミタンスについて理解する  
第5週 2端子回路の直列接続 2端子回路網の各種問題の解き方について理解する  
第6週 交流回路網 交流定電圧源、定電流源について理解するとともに、等価回路について理解する  
第7週 交流回路網 キルヒホッフ則を用いた交流回路網の解析を理解する  
第8週 (中間試験)  
第9週 交流回路網 重ね合わせの理を用いた交流回路網の解析を理解する  
第10週 交流回路網 鳳・テブナンの定理を用いた交流回路網の解析を理解する  
第11週 交流電力 有効電力や力率について理解する  
第12週 交流電力 力率の改善方法や各種交流回路の電力および力率の求め方について理解する  
第13週 実効値 正弦波や三角波の定積分を用いた解析を理解する  
第14週 実効値 正弦波や三角波の定積分を実際の数値を用いた解析を理解する  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
後期 第1週 電磁誘導結合回路 電磁誘導結合と相互インダクタンスについて理解する  
第2週 電磁誘導結合回路 電磁誘導結合回路の一般理論と特別な場合について理解する  
第3週 電磁誘導結合回路の演習 電磁誘導結合回路の問題解析を行って理解する  
第4週 変圧器結合回路 変圧器結合回路を理解する  
第5週 変圧器結合回路の演習 変圧器結合回路の問題解析を行って理解する  
第6週 交流回路の周波数特性 RLCそれぞれの周波数特性を理解する  
第7週 RLC合成インピーダンスの周波数特性 RLC合成インピーダンスの周波数特性を理解する  
第8週 (中間試験)  
第9週 RLC合成アドミタンスの周波数特性 RLC合成アドミタンスの周波数特性を理解する  
第10週 RLC合成回路の周波数特性 RLC合成回路の周波数特性を理解する  
第11週 直列共振 RLC直列共振回路を理解する  
第12週 並列共振 RLC並列共振回路を理解する  
第13週 対称3相交流 対称3相交流を理解する  
第14週 Y-Δ結線および変換 結線方法および変換方法を理解する  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 A,Bに対応
達成項目本科イ),ロ)に対応
JABEE認定基準
教科書・参考書 西巻正郎他「電気回路の基礎」(森北出版)
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、定期試験の成績を80%、課題および授業での発表等の成績を20%で行い、合計の成績が60点以上の者を合格にする.
学生へのメッセージ、
予習・復習について
電子制御工学科の電気,電子系科目の基礎科目です.不明な点は曖昧なままにしないで,授業中や放課後に積極的に質問して下さい.2年で学んだ電気回路の上に位置しますので,しっかり復習しておいてください.講義ノートの内容を見直し、講義に関する例題・演習問題を解き、講義で示した次回予定の部分を予習しておいて下さい.