制御 材料力学I 3年・後期・必修・履修1単位
担当教員 金成 守康 連絡先 
講義の概要 構造物の力学的強度を把握するために必要な材料力学は,工業技術者にとって重要な基礎科目の一つである.
講義では,軸に生ずる応力やひずみの概念を理解すること,軸の不静定問題に習熟すること,および静定はりに関する基礎知識を理解することを目的とする.
到達目標 1.単軸応力状態の棒に生ずる垂直応力やひずみ,ねじりを受ける棒のせん断応力の式が導けること.
2.軸の不静定問題において,荷重,変位,応力,およびひずみが求められること.
3.静定はりの支持方法を理解し,断面に生ずるせん断力,曲げモーメントの概念を理解すること.
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
後期 第1週 材料力学序論 機械構造物の設計における材料力学の重要性を理解する.  
第2週 応力とひずみ 単軸引張・せん断において、応力とひずみの概念を理解する.  
第3週 弾性体における応力とひずみ(1) 単軸引張り・せん断において,応力からひずみを求める.  
第4週 弾性体における応力とひずみ(2) 単軸引張り・せん断において,応力からひずみを求める.  
第5週 工業用材料の機械的性質 引張り試験において得られる応力-ひずみ曲線を理解する.  
第6週 軸荷重を受ける棒(1) 簡単な形状の棒に生ずるりひずみおよびのびを求める.  
第7週 (中間試験)  
第8週 軸荷重を受ける棒(2) 複雑な形状の棒に生ずるひずみおよびのびを求める.  
第9週 引張り・圧縮の不静定問題(1) 静定および不静定の概念を理解する.  
第10週 引張り・圧縮の不静定問題(2) 簡単な不静定問題の応力およびひずみを求める.  
第11週 熱応力と残留応力 熱応力および残留応力を理解し,簡単な問題が解ける.  
第12週 真直はりの曲げモーメント はりの実例とそのせん断力などを理解する.  
第13週 はり,はりの支持方法 はりの実例とそのせん断力などを理解する.  
第14週 はりに加わる荷重とモーメント,静定はり はりに加わる荷重の形態,曲げモーメントの概念を理解する.  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 A,Bに対応 達成項目本科イ),ロ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:西村 尚編著「ポイントを学ぶ材料力学」(丸善)
参考書:西村 尚編著「例題で学ぶ材料力学」(丸善),村上敬宣ら著 「材料力学演習」(森北出版)
評価方法及び
合格基準
成績の評価は,定期試験の成績70%,レポートまたは小テスト総点30%の比率で行い,合計の成績が60点以上の者を合格とする.
学生へのメッセージ、
予習・復習について
材料力学は、機械系の主要科目の一つであり,今後,1.5年間かけて学習するので,十分注意して理解してほしい.