制御 工業力学 3年・通年・必修・履修2単位
担当教員 平澤 順治 連絡先 
講義の概要 力学の工学応用の基礎となる,物体にはたらく力と運動について学習する.
到達目標 1.力学に関する基礎的知識を学習し,物体にはたらく力と運動について正しく理解できる.
2.物理学の基本公式を工学的な問題に応用し,問題解決の道筋が立てられる.
3.単位も含めて,妥当な数値を算出できる.
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 概要,一点に働く力 本授業の位置付け,単位系および有効数字を理解する.1点に働く力の扱いについて復習する.  
第2週 剛体に働く力(1) 剛体に働く力の合成・分解について理解する.  
第3週 剛体に働く力(2) モーメントと偶力について理解する.  
第4週 剛体に働く力(3) 支点と反力,およびトラスについて理解する.  
第5週 重心(1) 重心の意味と位置の求め方について理解する.  
第6週 重心(2) 複雑な形状の重心位置の求め方について理解する.  
第7週 (中間試験)  
第8週 速度と加速度(1) 直線運動について理解する.  
第9週 速度と加速度(2) 曲線運動と放物運動について理解する.  
第10週 速度と加速度(3) 円運動について理解する.  
第11週 力と運動法則(1) ニュートンの運動法則について理解する.  
第12週 力と運動法則(2) ダランベール原理について理解する.  
第13週 力と運動法則(3) 求心力と遠心力について理解する.  
第14週 力と運動法則(4) 天体の運動について理解する.  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
後期 第1週 剛体の運動(1) 剛体の平面運動について理解する.  
第2週 剛体の運動(2) 慣性モーメントについて理解する.  
第3週 剛体の運動(3) 剛体の回転運動について理解する.  
第4週 摩擦(1) 静摩擦と摩擦角について理解する.  
第5週 摩擦(2) 動摩擦について理解する.  
第6週 摩擦(3) ベルトの摩擦について理解する.  
第7週 (中間試験)  
第8週 仕事とエネルギ(1) 仕事とエネルギについて理解する.  
第9週 仕事とエネルギ(2) 力学エネルギ保存の法則について理解する.  
第10週 仕事とエネルギ(3) 動力,効率について理解する.  
第11週 仕事とエネルギ(4) 定滑車,動滑車の働きについて理解する.  
第12週 運動量と力積(1) 運動量と力積について理解する.  
第13週 運動量と力積(2) 角運動量と角力積について理解する.  
第14週 運動量と力積(3) 運動量保存の法則について理解する.  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 A,Bに対応 達成項目本科イ),ロ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:入江敏博「詳解工業力学」理工学社(1983)
参考書:1,2年時に物理で用いた教科書を参考にせよ.
評価方法及び
合格基準
成績の評価は,定期試験の成績を80%,レポートの成績を20%で行い,合計の成績が60点以上の者を合格とする.
学生へのメッセージ、
予習・復習について
工業力学は,低学年で習得した物理の知識と,高学年で習得する専門科目の架け橋となる教科です.演習問題へのアプローチと解法を中心に講義を進めますので,疑問に思った所は逐一質問してください.