制御 論理回路 2年・通年・必修・履修1単位
担当教員 岡本 修 連絡先 
講義の概要 コンピュータやそのインターフェース設計の際に必要になるブール代数の基礎,組合せ論理回路の働きを理解し,簡単な論理回路の設計が行えるようにする.
到達目標 1.2進数の計算および基本論理演算が行えるようにする.
2.論理式の簡単化およびその構成が行えるようにする.
3.演算回路、カウンタ回路の動作を理解できるようにする.
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 アナログとディジタル アナログ,ディジタル信号  
第2週 基数の変換 2進数ー>10進数  
第3週 基数の変換 10進数ー>2、8、16進数  
第4週 2進数の加算 2進演算、桁上がりの操作  
第5週 2進数の減算 2進演算、借りの操作  
第6週 補数を用いた減算 補数の概念、1の補数、2の補数  
第7週 (中間試験)  
第8週 符号の表し方 BCD符号、3余り符号、グレイ符号  
第9週 基本論理,論理記号 基本論理(AND,OR,NOTなど)  
第10週 ベン図 集合とベン図  
第11週 ブール代数1 ブール代数とド・モルガンの定理  
第12週 ブール代数2 ブール代数とド・モルガンの定理  
第13週 真理値表と論理式1 主加法標準型  
第14週 真理値表と論理式2 主乗法標準型  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
後期 第1週 真理値表と論理式3 論理式から真理値表  
第2週 論理関数の簡単化1 ブール代数,ベン図  
第3週 論理関数の簡単化2 カルノー図による簡単化1  
第4週 論理関数の簡単化3 カルノー図による簡単化2  
第5週 クワイン・マクラスキー法による簡単化1 簡単化手順  
第6週 クワイン・マクラスキー法による簡単化2 主項、被覆表  
第7週 (中間試験)  
第8週 論理記号変換1 AND,OR変換  
第9週 論理記号変換2 NANDゲート,NORゲートによるNOT回路  
第10週 演算回路 半加算器,全加算器の構成  
第11週 組合せ論理回路 マルチプレクサ,デマルチプレクサ,エンコーダ,デコーダ  
第12週 フリップフロップ回路2 RSフリップフロップ,JKフリップフロップの動作  
第13週 フリップフロップ回路2 Tフリップフロップ,Dフリップフロップの動作  
第14週 カウンタ回路 カウンタの動作  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 A,Bに対応 達成項目本科イ),ロ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:松下 俊介「基礎からわかる論理回路」(森北出版)
評価方法及び
合格基準
成績の評価は,定期試験の成績で行い,平均の成績が60点以上の者を合格とする.
学生へのメッセージ、
予習・復習について
論理回路はコンピュータや周辺機器のインターフェースの設計する際の基礎となる.基本をしっかり身につけて欲しい.講義での疑問は必ず質問をして後回しにしないようにすること.