制御 プログラミングⅠ 2年・通年・必修・履修1単位
担当教員 荒川 臣司 連絡先 
講義の概要 C言語文法の前半部を学ぶ。単元内容を解説したあとで必ず例題を示して,その具体的な使い方を知る。また実際に3週に1回程度,コンピュータ演習室においてWindows上のVisualC++コンパイラを用いたプログラミング演習を行う。それにより理解を深め,知識を確実なものにする。
到達目標 1. Windows上の統合環境の中で,C言語ソースコードの入力,コンパイル,実行,デバッグなどが行える
2. 各種の演算子,条件判断文,繰り返し文が正しく使用できる
3. 配列が使用できる
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 プログラムのしくみ,作成と実行 プログラムの動作,コンパイル,リンクを理解する  
第2週 画面出力,文字と数値 画面出力の方法を理解する  
第3週 プログラミング演習 演習を通してWindowsプログラミングの基本操作手順を学ぶとともに,第1~2週の内容を深く理解する  
第4週 変数(1) 変数の名前と型を理解する  
第5週 変数(2) 変数の宣言と数値代入の方法を理解する  
第6週 プログラミング演習 演習を通して第4~5週の内容を深く理解する  
第7週 (中間試験) 復習によって,前期の前半で学んだ内容を総合的に理解する  
第8週 変数(3) キーボードからのデータ入力方法を理解する  
第9週 式と演算子(1) 式のしくみと演算の意味を理解する  
第10週 式と演算子(2) 演算子の種類を理解する  
第11週 プログラミング演習 演習を通して第8~10週の内容を深く理解する  
第12週 式と演算子(3) 演算子の優先順位を理解する  
第13週 式と演算子(4) 変数の型変換を理解する  
第14週 プログラミング演習 演習を通して第12~13週の内容を深く理解する  
第15週 (期末試験)  
第16週 前期の復習 復習によって,前期に学んだ内容を総合的に理解する  
後期 第1週 条件判断(1) if文を理解する  
第2週 条件判断(2) switch文を理解する  
第3週 プログラミング演習 演習を通して第1~2週の内容を深く理解する  
第4週 条件判断(3) 論理演算子を理解する  
第5週 繰り返し文(1) for文を理解する  
第6週 プログラミング演習 演習を通して第4~5週の内容を深く理解する  
第7週 (中間試験) 復習によって,後期の前半で学んだ内容を総合的に理解する  
第8週 繰り返し文(2) while文を理解する  
第9週 繰り返し文(3) 文のネスト,処理の流れの変更方法を理解する  
第10週 プログラミング演習 演習を通して第8~9週の内容を深く理解する  
第11週 配列(1) 配列宣言,初期化の方法を理解する  
第12週 配列(2) 多次元配列を理解する  
第13週 配列(3) 配列を用いた文字列処理を理解する  
第14週 プログラミング演習 演習を通して第11~13週の内容を深く理解する  
第15週 (期末試験)  
第16週 復習 復習によって,後期に学んだ内容を総合的に理解する  
学習教育目標 A,Bに対応 達成項目本科イ),ロ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:高橋 麻奈「やさしいC 第4版」(ソフトバンク)
参考書:大川内・大原「かんたんC言語」(技術評論社)
    柴田望洋「新・明解C言語 入門編」(ソフトバンク)
評価方法及び
合格基準
成績の評価は,定期試験の成績70%,演習課題の成績30%で行い,合計の成績が60点以上の者を合格とする。なお,演習課題は全問提出を義務づける。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
プログラミング技術はさまざまな種類の演習を行い,エラーを出しながらそれらを自分の手で修正していく過程で上達する。一人ひとりが演習に主体的に取り組んで欲しい。また,フリーソフトのCコンパイラがネット上で公開されているので(VisualStudioCommunityなど),それを入手して個人のコンピュータ環境で動作させてみることも勧める。講義ノートの内容を見直し,講義に関係する例題・演習問題を解いておくこと。講義で示した次回予定の部分を予習しておくこと。