機械 機械システム工学演習Ⅱ 4年・前期・選択・履修1単位
担当教員 澁澤 健二 連絡先 
講義の概要 本科目は1週2時間を材料・加工工学の分野、材料力学の分野に分け1時間ずつ授業を行う。前者では主に材料工学、加工工学の基礎的な演習問題が解けることを目指している。後者では材料力学に関する演習を行い、はりの変形の計算ができることを目指している。
到達目標 (材料・加工工学)材料工学、加工工学の基礎を理解する。
(材料力学)主な目標は各種のはりの変形の計算ができることである。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 (材料・加工工学)金属の物理的性質
(材料力学)せん断力と曲げモーメント(1)
(材料・加工工学)各種金属の電気抵抗率などを理解する。
(材料力学)例題による解法の習得(片持はり・集中荷重)。
 
第2週 (材料・加工工学)金属の結晶構造
(材料力学)せん断力と曲げモーメント(2)
(材料・加工工学)各種金属の結晶構造を理解する。
(材料力学)例題による解法の習得(片持はり・分布荷重)。
 
第3週 (材料・加工工学)鋼の機械的性質(1)
(材料力学)せん断力と曲げモーメント(3)
(材料・加工工学)鋼の引張試験を理解する。
(材料力学)例題による解法の習得(支持はり・集中荷重)。
 
第4週 (材料・加工工学)鋼の機械的性質(2)
(材料力学)せん断力と曲げモーメント(4)
(材料・加工工学)衝撃試験および硬さ試験を理解する。
(材料力学)例題による解法の習得(支持はり・分布荷重)。
 
第5週 (材料・加工工学)鋼の状態図
(材料力学)曲げ応力(1)
(材料・加工工学)鋼の状態図を理解する。
(材料力学)断面二次モーメントの計算の習得。
 
第6週 (材料・加工工学)鋳造
(材料力学)曲げ応力(2)
(材料・加工工学)鋳造の基本を理解する。
(材料力学)曲げ応力の計算の習得。
 
第7週 (中間試験)  
第8週 (材料・加工工学)溶接
(材料力学)片持はりの変形(集中荷重1)
(材料・加工工学)溶接の基本を理解する。
(材料力学)例題による解法の習得(片持はり・集中荷重)。
 
第9週 (材料・加工工学)鋼の熱処理
(材料力学)片持はりの変形(集中荷重2)
(材料・加工工学)鋼の各種熱処理を理解する。
(材料力学)例題による解法の習得(片持はり・集中荷重)。
 
第10週 (材料・加工工学)材料記号
(材料力学)片持はりの変形(分布荷重)
(材料・加工工学)JISの材料記号を理解する。
(材料力学)例題による解法の習得(片持はり・分布荷重)。
 
第11週 (材料・加工工学)金属部品の加工法
(材料力学)両端支持ばりの変形(集中荷重)
(材料・加工工学)金属部品の加工法を理解する。
(材料力学)例題による解法の習得(集中荷重)。
 
第12週 (材料・加工工学)図面と加工法
(材料力学)両端支持ばりの変形(分布荷重)
(材料・加工工学)図面と加工法の関係を理解する。
(材料力学)例題による解法の習得(分布荷重)。
 
第13週 (材料・加工工学)工具寿命
(材料力学)両端支持ばりの変形(曲げモ
    ーメント)
(材料・加工工学)切削加工での工具寿命を理解する。
(材料力学)例題による解法の習得(曲げモーメント)。
 
第14週 (材料・加工工学)塑性加工
(材料力学)重ね合わせによるはりの解法
(材料・加工工学)圧延、絞り加工を理解する。
(材料力学)例題による解法の習得(重ね合わせの原理)。
 
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 前期の内容を復習する。  
学習教育目標 Aに対応 達成項目本科イ)に対応 JABEE
認定基準
(A-2),(d)-(1)に対応
教科書・参考書 教科書:佐野元「改訂機械材料」(共立出版)
    湯本誠治他「基本機械工作(Ⅰ)」(日刊工業新聞社)
    井戸守他「基本機械工作(Ⅱ)」(日刊工業新聞社)
    黒木剛司郎「材料力学」(森北出版)
参考書:小原嗣朗「金属材料概論」(朝倉書店)
    山田敏郎「材料力学」(日刊工業新聞)
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、定期試験の成績50%、課題の提出50%で評価し、平均の成績が60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
講義ノートの内容を見直し、講義に関する例題、演習問題を解いておくこと。
講義で示した次回の予定部分を予習しておくこと。
3学年で学んだ材料工学Ⅰ、加工工学Ⅰおよび材料力学Ⅰをよく復習しておくこと。また、材料力学Ⅱを選択することを推奨する。