機械 制御工学Ⅰ 4年・後期・選択・学修1単位
担当教員 小堀 繁治 連絡先 
講義の概要 2年間に渡る講義の前期過程であり、プロセス制御、サーボ機構および自動調速に応用されているフィードバック制御の特性を学習する。
到達目標 1. 工場や研究所で即戦力となるよう制御理論の基礎知識を修得する。
2. フィードバック制御の基礎となるラプラス変換、伝達関数、ブロック線図を理解する。
3. 過渡応答法を理解する。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
後期 第1週 機械制御とは フィードバック制御、その歴史、自動制御とその種類について理解する。  
第2週 制御系解析の方法 ラプラス変換について理解する。  
第3週 制御系解析の方法 逆ラプラス変換について理解する。  
第4週 制御系解析の方法 ラプラス変換の取り扱える条件,伝達関数について理解する。  
第5週 基本要素の伝達関数 比例要素、積分要素、微分要素および1次遅れ要素について理解する。  
第6週 基本要素の伝達関数 2次遅れ要素、無駄時間要素について理解する。  
第7週 (中間試験)  
第8週 ブロック線図の等価変換 ブロック線図、基本結合則について理解する。  
第9週 ブロック線図の等価変換 等価変換に関する例題を行う。  
第10週 ブロック線図の等価変換 ブロック線図に関する応用例について理解する。  
第11週 過渡応答 要素(システム)の応答、応答特性の評価について理解する。  
第12週 過渡応答 主な要素の過渡応答について理解する。  
第13週 過渡応答 1次遅れ要素について理解する。  
第14週 過渡応答 2次遅れ要素について理解する。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 後期の内容を復習する。  
学習教育目標 A,Bに対応 達成項目本科イ)に対応 JABEE
認定基準
(A-2),(B-1),(d)-(1)に対応
教科書・参考書 教科書:金子敏夫「やさしい機械制御」(日刊工業新聞社)
問題集:明石一,今井弘之「詳解制御工学演習」(共立出版)、山口勝也「詳解自動制御例題演習」(コロナ社)など
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、定期試験の成績で評価し、平均の成績が60点以上の者を合格とする。ただし小テストやレポートを課した場合、成績の評価は、定期試験の成績を80%、小テストやレポートの成績を20%で行い、合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
図書館に参考書や問題集があるので、それらを大いに活用して下さい。また定期試験前に自主学習を行い、各自問題慣れして下さい。