機械 材料力学Ⅱ 4年・通年・選択・学修2単位
担当教員 押久保 武 連絡先 
講義の概要 1.はりの設計ができるようになる。 
2.複数の外力を受ける弾性体の変形について学ぶ。 
3.エネルギの概念を用いて変形の解析ができる。
到達目標 1.各種のはりの設計ができる。 
2.ひずみエネルギの面から材料の強度を理解することができる。 
3.衝撃荷重による変形を求めることができる。 
4.組み合わせ応力下で要素の強度を評価できる。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 たわみ曲線の基本式(1) たわみの微分方程式を理解する。  
第2週 たわみ曲線の基本式(2) たわみの微分方程式を理解する。  
第3週 たわみ曲線の基本式(3) 境界条件と支点の性質の関係を理解できる。微分方程式を使ってたわみ曲線の式を導くことができる。  
第4週 微分方程式による各種はりの解法(1) 集中荷重の場合  
第5週 微分方程式による各種はりの解法(2) 分布荷重の場合(1)  
第6週 微分方程式による各種はりの解法(3) 分布荷重の場合(2)  
第7週 (中間試験)  
第8週 両端支持ばりの変形 集中荷重を受ける両端支持はりの場合  
第9週 重ね合わせによるはりの解法(1) 重ね合わせの原理を使うことができる。  
第10週 重ね合わせによるはりの解法(2) 重ね合わせの原理を使うことができる。  
第11週 面積モーメント法によるはりの解法(1) 面積モーメント法によるはりの解析法を理解する。  
第12週 面積モーメント法によるはりの解法(2) 面積モーメント法によるはりの解析法を理解する。  
第13週 不静定ばりの問題(1) 不静定ばりに関する問題を解くことができる。  
第14週 不静定ばりの問題(2) 不静定ばりに関する問題を解くことができる。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 前期の内容を復習する。  
後期 第1週 ひずみエネルギ ひずみエネルギの概念を理解する。  
第2週 曲げを受けるはりのひずみエネルギ 曲げ応力によるひずみエネルギを理解する。  
第3週 カスティリアノの定理 カスティリアノの定理の定理を理解する。  
第4週 ひずみエネルギによる変形の解析 ひずみエネルギを用いて変形の解析ができる。  
第5週 仮想荷重 仮想荷重を受ける部材の応力を求められる。  
第6週 衝撃引張 衝撃引張を受ける部材の応力を求められる。  
第7週 (中間試験)  
第8週 モールの応力円(1) モールの応力円の原理を理解する。  
第9週 モールの応力円(2) モールの応力円の原理を理解する。  
第10週 モールの応力円による応力解析 モールの応力円の式を使って応力解析ができる。  
第11週 ねじりと曲げを受ける軸の問題 ねじりと曲げを受ける軸の応力を計算できる。  
第12週 組み合わせ応力における応力とひずみ 組み合わせ応力下でひずみを求められる。  
第13週 弾性係数間の関係 縦弾性係数と横弾性係数の関係を理解する。  
第14週 内圧を受ける薄肉円筒の応力 薄肉円筒の応力を求めることができる。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 後期の内容を復習する。  
学習教育目標 A,Bに対応 達成項目本科イ),ロ)に対応 JABEE
認定基準
(A-2),(B-1),(d)-(1)に対応
教科書・参考書 教科書:黒木剛司郎「材料力学」(森北出版) 
参考書:山田敏郎「材料力学」(日刊工業新聞)
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、定期試験の成績80%と課題等の成績20%で行い、合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
シラバスを元に予習をしてください。また、復習では講義ノートの内容を見直し、講義に関する例題・演習問題を数多く解いてください。