機械 機械設計法Ⅱ 4年・前期・選択・学修1単位
担当教員 茂村 達也 連絡先 
講義の概要 3年次後期の機械設計法Ⅰに引き続き、機械要素の強度設計および基本的な汎用部品の使用設計法を講義する。これにより、機械システム構築に必要な機械設計力の基礎を身につけさせる。
到達目標 1.基本的な機械要素の強度設計計算ができる。
2.軸受・歯車など汎用部品の使用設計計算ができる。
3.システムを構成する基本的な機械部品・装置の設計計算ができる
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 軸受、軸受の基礎技術 摩擦、磨耗および潤滑について理解する。  
第2週 軸受の形式 自己潤滑軸受、滑り軸受、転がり軸受および磁気軸受を理解する。  
第3週 滑り軸受の設計 最大許容圧力、pV値、粘度および軸受材料を理解する。  
第4週 転がり軸受の設計 転がり軸受の損傷、寿命計算および軸受のはめあいについて理解する。  
第5週 シール(密封装置) 接触式シール、非接触シールを理解する。  
第6週 ドライブ装置 ベルト駆動を理解する。  
第7週 (中間試験)  
第8週 トラクション リレーション 伝達動力について理解する。  
第9週 ギヤ、ギヤの種類 スハギヤ、ヘリカルギヤ、ベベルギヤおよびウォームギヤを理解する。  
第10週 歯形 歯の干渉、転位について理解する。  
第11週 歯の曲げ強さ 曲げ強さの計算式を理解する。  
第12週 歯の面圧強さ 面圧強さの計算式を理解する。  
第13週 ブレーキ、ブロックブレーキ 単ブロックブレーキ、複ブロックブレーキを理解する。  
第14週 バンドブレーキ、ばね 差動式バンドブレーキ、ばねの用途、ばね材料およびコイルばねの設計について理解する。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 前期の内容を復習する。  
学習教育目標 A、Bに対応 達成項目本科イ)、ロ)に対応 JABEE
認定基準
(A-2),(B-1),(d)-(1)に対応
教科書・参考書 教科書:林則行他 「機械設計法」(森北出版)
参考書:大西清「機械設計製図便覧」(理工学社)
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、定期試験で行い、平均の成績が60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
機械設計法の履修は、将来に広がる多くの機械システムを創造する礎となることを自覚して、設計力を身につけてほしい。