機械 加工工学II 4年・前期・選択・学修1単位
担当教員 小野寺 礼尚 連絡先 
講義の概要 第3学年で学んだ加工工学Iおよび材料工学Iの基本的な知識をもとに、素材から機械加工により製品を生産するのに必要な各種の加工方法や、電気物理的加工、電気化学的加工、化学的加工および光化学的加工のような特殊加工方法の基礎を学ぶ。
到達目標 1.切削加工が理解できるようになる。
2.研削加工が理解できるようになる。
3.特殊加工が理解できるようになる。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 切削加工 (1)切削の原理 被削材が工具によってどのように削られるかを理解する。  
第2週 切削加工 (2)切りくずの生成 加工条件と切りくずの関係を理解する。  
第3週 切削加工 (3)切削抵抗 二次元切削における変形と力の釣り合いを理解する。  
第4週 切削加工 (4)切削工具 工具材料および工具損傷と工具寿命の関係を理解する。  
第5週 旋盤加工 旋盤を用いてできる加工を理解する。  
第6週 フライス盤加工・ボール盤・ブローチ盤加工 フライス盤・ボール盤およびブローチ盤を用いてできる加工を理解する。  
第7週 (中間試験)  
第8週 研削加工 (1)研削の原理 被削材が砥石によってどのように削られるかを理解する。  
第9週 研削加工 (2)研削砥石 研削砥石の種類を理解する。  
第10週 研削加工 (3)研削砥石 研削砥石の構造を理解する。  
第11週 研削盤 研削盤の種類および用途を理解する。  
第12週 精密加工 ホーニング、超仕上げおよびラッピングを理解する。  
第13週 電気加工 放電加工および電子ビーム加工の原理を理解する。  
第14週 化学加工 化学加工の原理を理解する。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習 前期の内容を復習する  
学習教育目標 Aに対応 達成項目本科イ)に対応 JABEE
認定基準
(A-2),(d)-(1)に対応
教科書・参考書 教科書:井戸守他「基本機械工作(2)」(日刊工業新聞社)
参考書:田口紘一他「精密加工学」(コロナ社)
平井三友他「機械工作法(増補)」(コロナ社)
    谷康弘他「機械工学テキストライブラリ 生産加工入門」(数理工学社)
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、定期試験の成績80%およびレポートの成績20%で行い、合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
第2、3学年の機械システム工学実習で学んだ旋盤加工・フライス盤加工・ボール盤加工、および第3学年で学んだ材料工学Iや加工工学Iを復習しておくこと。
講義資料,教科書の内容を見直し、講義に関する例題、演習問題を解いておくこと。
講義で示した次回の予定部分を予習しておくこと。