機械 機械システム工学実習 3年・通年・必修・履修3単位
担当教員 小室 孝文、冨永 学、池田 耕 連絡先 
講義の概要 第2学年で,1年間,機械工学実習を行い,機械加工の基礎知識を修得した。第3学年の機械工学実習では,この基礎知識をもとにした応用実習(インボリュートルーラの製作)と数値制御工作機械(マシニングセンタ【MC】・NC旋盤・NCフライス盤)のプログラミングの理解と修得が中心となる。
到達目標 1.各種精度検査が理解できるようになる。
2.製作図と機械加工の関係が理解できるようになる。
3.CAD/CAMシステムが理解できるようになる。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 NC加工実習(1) NC工作機械の制御法について理解する。  
第2週 NC加工実習(2) NC工作機械のプログラミングを理解する。  
第3週 NC加工実習(3) NCフライス盤の手動プログラミングを理解する。  
第4週 NC加工実習(4) CNC旋盤の対話方式による自動プログラミングを理解する。  
第5週 NC加工実習(5) CAD/CAMシステムによるMCの自動プログラミングを理解する。  
第6週 鍛造実習(1) 自由鍛造を理解する。  
第7週 (中間試験) 課題提出をもって代える。  
第8週 鍛造実習(2) 自由鍛造を理解する。  
第9週 鍛造実習(3) 自由鍛造を理解する。  
第10週 鍛造実習(4) 硬さ試験を行い,材料の性質を理解する。  
第11週 溶接実習(1) 炭酸ガス半自動アーク溶接機の構造および操作法を理解する。  
第12週 溶接実習(2) 下向きT形すみ肉溶接,I形突合わせ溶接を理解する。  
第13週 溶接実習(3) 円筒すみ肉溶接を理解する。引張試験の基本を理解し,試験片を製作する。  
第14週 溶接実習(4) 引張試験を行い,溶接状態と強度の関係を理解する。  
第15週 (期末試験) 課題提出をもって代える。  
第16週 溶接実習(5) エアープラズマ切断を理解する。  
後期 第1週 応用工作実習…設計製図(1) インボリュートルーラの構造を理解する。  
第2週 応用工作実習…設計製図(2) インボリュートルーラの動作を理解する。  
第3週 応用工作実習…設計製図(3) インボリュートルーラの製作図を描く。  
第4週 応用工作実習…設計製図(4) インボリュートルーラの製作図を描く。  
第5週 応用工作実習…設計製図(5) インボリュートルーラの製作図を描く。  
第6週 応用工作実習…旋盤加工(1) 製作図より,インボリュートルーラの部品を製作する。  
第7週 (中間試験) 課題提出をもって代える。  
第8週 応用工作実習…旋盤加工(2) 製作図より,インボリュートルーラの部品を製作する。  
第9週 応用工作実習…旋盤加工(3) 製作図より,インボリュートルーラの部品を製作する。  
第10週 応用工作実習…旋盤加工(4) 製作図より,インボリュートルーラの部品を製作する。  
第11週 応用工作実習…フライス盤加工(1) 製作図より,インボリュートルーラの部品を製作する。  
第12週 応用工作実習…フライス盤加工(2) 製作図より,インボリュートルーラの部品を製作する。  
第13週 応用工作実習…フライス盤加工(3) 製作図より,インボリュートルーラの部品を製作する。  
第14週 応用工作実習…フライス盤加工(4) 製作図より,インボリュートルーラの部品を製作する。  
第15週 (期末試験) 課題提出をもって代える。  
第16週 応用工作実習…組立て・検査 製作したインボリュートルーラを組立て,性能検査をする。  
学習教育目標 A,B,Fに対応
達成項目本科イ),ロ),チ)に対応
JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:機械工学実習テキスト(配布プリント)
参考書:林 洋次他「機械製図」(実教出版)
評価方法及び
合格基準
成績の評価は,1年間の機械加工の原理および操作の修得(80%),および報告書(20%)で行い,合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
実習前に,必ず配布プリントを読んでおくこと。実習工場では必ず実習服を着用し,作業中,常に安全を心がけること。半そで・短パン・サンダル履きは厳禁です。また,報告書は期限内に提出すること。なお,応用実習の際には製図道具を持参すること。1,2年生で学習した製図の基本項目について復習しておいてください。