機械 工業力学 3年・通年・必修・履修2単位
担当教員 池田 耕 連絡先 
講義の概要 工業力学は、機械工学における最も重要な基礎を形成する科目である。この科目を勉強することにより、様々な機械工学における諸問題を把握でき、大切な理論的解析力を十分身につけることができるようになる。
到達目標 1.各種物理量について理解をする。
2.ニュートンの運動方程式を理解する。
3.各種の力学的問題について計算方法を理解する。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 静力学の基礎(1) 力の合成と分解、1点に働く力の釣合いについて理解する。  
第2週 静力学の基礎(2) 支点・反力等の代表的力について理解する。  
第3週 静力学の基礎(3) 2力のモーメントについて理解する。  
第4週 剛体に働く力(1) 着力点の異なる力の合成について理解する。  
第5週 剛体に働く力(2) 偶力、着力点の異なる力の釣合いについて理解する。  
第6週 トラス 節点法、切断法について理解する。  
第7週 (中間試験) 中間試験を実施  
第8週 重心(1) 重心の計算方法について理解する。  
第9週 重心(2) 簡単な形状の重心を計算する。  
第10週 回転体の表面積と体積 回転体の表面積と体積の計算方法について理解する。  
第11週 摩擦(1) 静摩擦、動摩擦に関する計算問題を解く。  
第12週 摩擦(2) 転がり摩擦について理解する。  
第13週 摩擦(3) ベルト、くさび、ねじ等の主要な機械要素に生じる摩擦について理解する。  
第14週 問題演習 第8週から第13週までの内容に関する問題を解く。  
第15週 (期末試験) 期末試験を実施  
第16週 総復習 前期の内容を復習する  
後期 第1週 並進運動 速度、加速度等の物理量を微分形式で理解する。  
第2週 回転運動(1) 角速度、角加速度について理解する。  
第3週 回転運動(2) 等速円運動、等角加速度円運動について理解する。  
第4週 並進運動する物体の動力学(1) 運動の法則、運動方程式の作り方を理解する。  
第5週 並進運動する物体の動力学(2) 慣性力、求心力、遠心力について理解する。  
第6週 剛体の動力学(1) 角運動方程式と慣性モーメントについて理解する。  
第7週 (中間試験) 中間試験を実施  
第8週 剛体の動力学(2) 慣性モーメントの計算方法を理解する。  
第9週 剛体の動力学(3) 簡単な物体の形状の慣性モーメントを計算する。  
第10週 剛体の平面運動(1) 剛体の平面運動のうち、固定した軸のある物体について理解する。  
第11週 剛体の平面運動(2) 剛体の平面運動のうち、転がりながら進む物体について理解する。  
第12週 運動量と力積(1) 角運動量と力積のモーメントについて理解する。  
第13週 運動量と力積(2) 角運動量保存の法則について理解する。  
第14週 運動量と力積(3) 剛体の衝突について理解する。  
第15週 (期末試験) 期末試験を実施  
第16週 総復習 後期の内容を復習する  
学習教育目標 A,Bに対応 達成項目本科イ),ロ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:吉村靖夫他「工業力学」(コロナ社)
参考書:高橋正雄「理工系の力学」(共立出版)、原島鮮「力学」(装華房)、
問題集:後藤憲一他「詳解力学演習」(共立出版)
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、定期試験の成績70%およびレポートの成績30%で行い、成績の合計が60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
この科目は、物理学を基本としているので基本法則を十分理解しておくと良く理解できます。
関連科目:物理
予習:関連項目の説明を読み、例題を解くこと。
復習:各項目の問題演習を解くこと。