機械 機械システム工学実習 2年・通年・必修・履修3単位
担当教員 押久保 武 連絡先 
講義の概要 機械工作の基本的な5ショップを実習することにより、工作機械の原理や加工工程の基礎を学ぶ。さらに、安全に対する心構え、日本工業規格(JIS)なども合わせ学習する。
到達目標 1.各ショップにおける基礎的な加工の原理と工程を理解する。
2.工作機械の取扱いとその心構えを体験的に学習する。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 ガイダンスと安全教育 実習の目的、方法、グループ分けなどのガイダンスと安全教育を行う。  
第2週 溶接(1) 溶接に関する基礎知識を理解する。  
第3週 溶接(2) アーク溶接(基本)を習得する。  
第4週 溶接(3) アーク溶接(基本)を習得する。  
第5週 溶接(4) アーク溶接(下向きI形突き合わせ溶接)を習得する。  
第6週 溶接(5) アーク溶接(下向きV形突き合わせ溶接)を習得する。  
第7週 (中間試験) 課題の提出をもって代える。  
第8週 機械加工1(1) 切削加工に関する基礎知識を理解する。  
第9週 機械加工1(2) 旋盤の操作(基本)を習得する。  
第10週 機械加工1(3) シャフトの加工(ギヤブラケット部品)を習得する。  
第11週 機械加工1(4) シャフトの加工(ギヤブラケット部品)を習得する。  
第12週 機械加工1(5) シャフトの加工(ギヤブラケット部品)とまとめを行う。  
第13週 機械加工2(1) フライス加工に関する基礎知識を理解する。  
第14週 機械加工2(2) フライス盤の操作(基本)を修得する。  
第15週 (期末試験) 課題の提出をもって代える。  
第16週 機械加工2(3) ギヤブラケットの加工を習得する。  
後期 第1週 機械加工2(4) ギヤブラケットの加工を習得する。  
第2週 機械加工2(5) ギヤブラケットの加工とまとめを行う。  
第3週 工作測定(1) 仕上げ加工、組立に関する基礎知識を理解する。  
第4週 工作測定(2) 文鎮の製作(ヤスリ加工、穴あけ、ねじ加工)を習得する。  
第5週 工作測定(3) 文鎮の製作(ヤスリ加工、穴あけ、ねじ加工)を習得する。  
第6週 工作測定(4) 文鎮の製作(ヤスリ加工、穴あけ、ねじ加工)を習得する。  
第7週 (中間試験) 課題の提出をもって代える。  
第8週 工作測定(5) 文鎮の製作(ヤスリ加工、穴あけ、ねじ加工)とまとめを行う。  
第9週 NC(数値制御:Numerical Control)(1) NCに関する基礎知識、NCプログラミングを理解する。  
第10週 NC(2) NCプログラミング(輪郭とポケット)を習得する。  
第11週 NC(3) NCプログラミング(輪郭とポケット)を習得する。  
第12週 NC(4) NC加工を習得する。  
第13週 NC(5) NC加工とまとめを行う。  
第14週 プレゼンテーション 実習内容のプレゼンテーションを行う。  
第15週 (期末試験) 課題の提出をもって代える。  
第16週 総復習 前期および後期の内容を復習する。  
学習教育目標 A,Fに対応 達成項目本科イ),チ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:機械工学実習テキスト(配布資料)、学校安全の心得(配布資料)
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、実習時の取り組み状況および技能評価の平均成績80%、1年間の実習内容のプレゼンテーションおよびレポート点の総点20%で行い、合計60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
実習工場の規則に従い、安全には特に注意を払うこと。また、実習前には配布資料の関連項目を読んでおくこと。さらに、機械設計製図基礎を復習しておくこと。