共通 グローバル工学基礎(学習) 5年・集中・選択・学修1単位
担当教員 Steven Kraines

連絡先 
講義の概要 国際化する世界で活躍するエンジニアにとって、技術・科学に関するグローバルな動向・専門知識に関する知見は必須のものであることから、これらについて外国人教員による外国語を通してより実践的に学習する。
到達目標 1.現在の世界の技術に関する流れを理解する。
2.外国人教員による授業を通じて実践的な技術英語を理解する。
日程講義項目理解すべき内容
第1日目 The impact of human activities and the sustainability of the Earth The biosphere, circulations of materials and energy, and the nature of resources and wastes
Natural Cycles, Feedback loops and Mechanisms for recovery
A new paradigm of a “Limited Earth”: the impact of humanity exceeding Earth’s recovery mechanisms for the first time
第2日目 Energy and efficiency: the potential for technology The IPAT equation and the role of technology in increasing efficiency
Types of efficiency and the importance of energy efficiency for sustainability
How is energy used in human activities? The elementary steps of human activities
第3日目 Energy for daily life and energy for making things Ways in which energy used in daily life can be conserved: automobiles, homes and offices, and power plants
Making things and recycling things: recycling can also result in energy conservation
The potential for renewable energy
第4日目 A Roadmap for a Sustainable Earth A concrete image for Vision 2050
(1) A three-fold increase in energy use efficiency
(2) Construction of a material recycling system
(3) Development of renewable energy
Forming a social infrastructure based on circulating materials
Making the market work for sustainability
Rebuilding the relationship between technology and society
第5日目
履修上の注意 本科目は,講義内容が一部変更になる可能性があります。
講義は9月5日(月)から9月8日(木)の4日間の予定です。

学習教育目標 E、Fに対応 達成項目本科ト)、チ)に対応 JABEE認定基準
教科書・参考書
評価方法及び
合格基準
課題に対するレポート提出により合計60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
外国人教員の、英語による、専門の授業です。受講を通して是非ともグローバル化する科学・技術に対応できる国際的・実践的な技術者への第一歩として欲しい。