共通 電気電子工学演習 4年・後期・選択・履修1単位
担当教員 長洲 正浩、田辺 隆也 連絡先 
講義の概要 電気回路に関する演習(長洲)、及び電磁気学に関する演習(田辺)を行う。自ら問題を解くことにより理解を深める。
到達目標 電気回路演習:電気回路の様々な問題とそれに対する解法に習熟する。
電磁気学演習:電磁気現象を数式で記述でき、基礎的な電磁気現象を理解し、それらの解法を習得する。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
後期 第1週 電気回路:正弦波交流の基礎
電磁気学:点電荷と静電気力
電気回路:実効値、最大値、角速度、位相、回路素子の電圧、電流の関係
電磁気学:ク-ロンの法則
 
第2週 電気回路:正弦波交流の基礎
電磁気学:点電荷が作る電界と電位
電気回路:複素数表示とインピーダンスとアドミタンス
電磁気学:点電荷の形成する電界と電位の関係
 
第3週 電気回路:正弦波交流の基礎
電磁気学:電位と仕事量
電気回路:瞬時電力、有効電力、無効電力、皮相電力
電磁気学:電界が点電荷にする仕事量と電位の関係
 
第4週 電気回路:交流回路解析
電磁気学:連続分布の電荷が作る電界と電位
電気回路:R、L、C直列、並列回路の解析
電磁気学:ガウスの法則
 
第5週 電気回路:交流回路解析
電磁気学:連続分布の電荷が作る電界と電位
電気回路:RLC共振回路
電磁気学:球状電荷分布による電界及び電位
 
第6週 電気回路:交流回路解析
電磁気学:連続分布の電荷が作る電界と電位
電気回路:相互誘導回路、非正弦波(フーリエ変換)の計算
電磁気学:平面状電荷分布と電界及び電位
 
第7週 (中間試験) 電磁気学演習は、定期試験を行わず、総合問題演習を行う。  
第8週 電気回路:交流回路と三相回路
電磁気学:導体と誘電体
電気回路:線形性と双対性
電磁気学:静電容量,影像電荷と電気影像法
 
第9週 電気回路:交流回路と三相回路
電磁気学:導体と誘電体
電気回路:三相回路
電磁気学:電束密度,分極電荷,分極
 
第10週 電気回路:二端子対回路網
電磁気学:円形ループ電流が作る磁界
電気回路:F行列とハイブリッド行列の計算
電磁気学:アンペールの法則,ビオ・サバールの法則
 
第11週 電気回路:過度現象
電磁気学:円筒電流や平面電流が作る磁界
電気回路:RL・RC回路の過渡応答
電磁気学:円筒状電流や平面状電流が形成する磁界
 
第12週 電気回路:過度現象
電磁気学:磁性体
電気回路:LC・RLC回路、パルス回路の過渡応答
電磁気学:磁化,透磁率,磁束密度
 
第13週 電気回路:分布定数回路
電磁気学:誘導起電力
電気回路:分布定数回路の等価回路、無損分布失回路の波動方程式
電磁気学:ファラデーの法則
 
第14週 電気回路:分布定数回路
電磁気学:インダクタンス
電気回路:定常解析および反射のある回路の解析
電磁気学:自己インダクタンスと相互インダクタンス
 
第15週 (期末試験) 電磁気学演習は、定期試験を行わない。  
第16週 総復習  
学習教育目標 E科はA,Bに対応
他学科はBに対応
達成項目E科は本科イ)、ロ)に対応
他学科は本科ロ)、ハ)に対応
JABEE
認定基準
E科は(A-2),(B-1),(d)-(1)に対応
他学科は(B-1),(B-3),(d)-(1),(d)-(3)に対応
教科書・参考書 電気回路演習:教科書,金原 粲監修,高田他「電気回路」(実教出版)
電磁気学演習:教科書,大貫,安達「演習 電磁気学」(森北出版)
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、電気回路演習の成績、及び電磁気学演習の成績とを平均した成績が60点以上の者を合格とする。電気回路演習の成績は、定期試験で評価し、電磁気学演習の成績は、課題レポートの評価によって行う。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
電気回路と電磁気学の問題を解くことにより、はじめて回路動作や電磁気現象に対する理解が深まります。指示された問題を解いておくこと。