共通 電子制御工学演習I 4年・後期・選択・履修1単位
担当教員 堀 利浩、岡本 修 連絡先 
講義の概要 ・電気基礎、電気回路の演習をする.(岡本)
・論理回路、複素数計算、ベクトル計算の演習をする.(堀)
到達目標 ・電気基礎、電気回路の応用問題が解ける.(岡本)
・論理回路、複素数計算、ベクトル計算の応用問題が解ける.(堀)
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
後期 第1週 回路の基本的な計算(岡本)/ 組合せ論理回路(堀) 回路の基本的な計算演習(岡本)/クワイン・マクラスキー法の演習(堀)  
第2週 複雑な回路の合成抵抗の計算(岡本)/ 順序論理回路(堀) 回路の合成抵抗計算演習(岡本)/ 順序論理回路の構成・解析の演習(堀)  
第3週 分圧・分流(岡本)/ 複素数の計算1(堀) 分圧・分流の回路計算演習(岡本)/ オイラーの公式の確認(堀)  
第4週 直流回路網の解法1(岡本)/複素数の計算2(堀) 直流回路網の計算演習1(岡本)/ オイラーの公式の応用(堀)  
第5週 直流回路網の解法2(岡本)/ ベクトルの基礎1(堀) 直流回路網の計算演習2(岡本)/ベクトルの基礎演習1(堀)  
第6週 鳳・テブナンの定理,ノートンの定理(岡本)/ ベクトルの基礎2(堀) 鳳・テブナンの定理,ノートンの定理の演習(岡本)/ベクトルの基礎演習2(堀)  
第7週 (中間試験)  
第8週 複素数表示・フェーザ表示1(岡本)/ ベクトルの基礎3(堀) 複素数表示・フェーザ表示の基礎演習1(岡本)/ ベクトルの基礎演習3(堀)  
第9週 複素数表示・フェーザ表示2(岡本)/ ベクトルの微積分1(堀) 複素数表示・フェーザ表示の計算演習2(岡本)/ ベクトルの微積分演習1(堀)  
第10週 交流網回路の解法1(岡本)/ ベクトルの微積分2(堀) 交流網回路の計算演習1(岡本)/ ベクトルの微積分演習2(堀)  
第11週 交流網回路の解法2(岡本)/ ベクトルの微積分3(堀) 交流網回路の計算演習2(岡本)/ ベクトルの微積分演習3(堀)  
第12週 交流網回路の解法2(岡本)3/ ベクトルの微積分4(堀) 交流網回路の計算演習3(岡本)/ ベクトルの微積分演習4(堀)  
第13週 電磁誘導結合回路1(岡本)/ ベクトルの微積分5(堀) 電磁誘導結合回路の解法演習1(岡本)/ ベクトルの微積分演習5(堀)  
第14週 電磁誘導結合回路2(岡本)/ 全体復習(堀) 電磁誘導結合回路の解法演習2(岡本)/ 補足等(堀)  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
学習教育目標 S科はA,Bに対応
他学科はBに対応
達成項目S科は本科イ),ロ)に対応
他学科は本科ロ),ハ)に対応
JABEE
認定基準
S科は(A-2),(B-1),(d)-(1)に対応
他学科は(B-1),(B-3),(d)-(1),(d)-(3)に対応
教科書・参考書 教科書:なし(岡本)
    なし(堀)
参考書:石井文雄著「回路網の計算」(東京電機大学出版局)(岡本)
関根、佐野著「電磁気学を学ぶためのベクトル解析」(コロナ社)(堀)
高木浩一他、「大学1年生のための電気数学」(森北出版)(堀)
評価方法及び
合格基準
・成績の評価は,課題の成績で行う.(岡本)
・成績の評価は,定期試験の成績で行う.(堀)
上記成績の平均が60点以上の者を合格とする.
学生へのメッセージ、
予習・復習について
・電気回路の基礎を復習して下さい.(岡本)
・論理回路と複素数計算は今までの復習です.ベクトル計算は今までの復習と同時に、5年電磁気学IIの予習です.参考書に挙げたコロナ社の本は5S電磁気学IIで教科書に使用予定.(堀)
講義ノート・課題の内容を見直し、講義・課題に関する例題・演習問題を解いておいて下さい.講義で示した次回予定の部分を予習しておいて下さい.