共通 物理学演習 4年・後期・選択・履修1単位
担当教員 原 嘉昭 連絡先 
講義の概要 質点,質点系および剛体の力学,熱力学のそれぞれにおいて,これまでに学習した重要なポイントを復習した後,学生自らが演習問題を解くことによって,物理学の論理的な考え方を身に付ける。
到達目標 1.質点および質点系の運動について,運動方程式を立てて解くことができる。
2.剛体の運動について,回転の運動方程式を立てて解くことができる。
3.熱力学の第一法則,第二法則の意味を理解し,理想気体の熱力学過程へ適用できる。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
後期 第1週 1.質点の力学
  質点の運動
変位,速度,加速度の関係を理解する。
放物運動を理解する。
 
第2週   運動の法則 摩擦力,中心力,復元力など様々な力が働く質点の運動を理解する。  
第3週   慣性力 慣性系,非慣性系,慣性力について理解する。  
第4週   仕事とエネルギー 仕事,保存力,位置エネルギー,運動エネルギー,力学的エネルギー保存則について理解する。  
第5週   振動(1) 減衰振動,強制振動を理解する。  
第6週   振動(2) 連成振動、連続体の振動を理解する。  
第7週 (中間試験)  
第8週 2.質点系の力学
  運動量
全運動量と重心,運動量保存則,質量の変化する物体の運動について理解する。  
第9週 3.剛体の力学
  剛体のつりあい
静止している剛体に働く力,力のモーメントのつり合いを理解する。  
第10週   剛体の慣性モーメント いろいろな剛体の慣性モーメントを理解する。  
第11週   剛体の回転運動 斜面を回転する剛体の運動やヨーヨーの運動を理解する。  
第12週 4.熱力学
  温度と熱
温度と熱,分子の熱運動を理解する。  
第13週   熱力学の第一法則 熱力学の第一法則について理解する。  
第14週   熱力学の第二法則 熱力学の第二法則,エントロピーについて理解する。  
第15週 (期末試験)  
第16週 総復習  
履修上の注意 本演習は,同時開講の「物理学演習」(佐藤教員担当)と比べ,次の点が異なっているので,内容を良く確認してから選択すること。
・剛体の力学の演習を扱う
・電磁気の演習を扱わない
履修希望者が定員(45名)を超える場合は抽選を行う。
学習教育目標 Aに対応 達成項目本科イ)に対応 JABEE
認定基準
(A-1),(c)に対応
教科書・参考書 教科書:適宜プリントを使用する。
参考書:後藤 憲一ほか「基礎物理学演習」(共立出版)など
評価方法及び
合格基準
成績の評価は,定期試験の成績80%,および課題レポートの成績20%で行い,合計の成績が60点以上の者を合格とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
授業の時間だけでは不十分ですので,毎回宿題を出します。また,授業の内容を見直し、演習で扱った例題を繰り返し解き直すことで,確実に実力をつけよう。