共通 英語 2年・通年・必修・履修4単位
担当教員 高橋正人 照沼理英 連絡先 
講義の概要 英語で、情報や考えを的確に理解したり適切に伝えることを学ぶ。授業は、4技能(聴く、話す、読む、書く)を統合する言語活動を展開する。事実や意見等を多様な観点から考え、論理の展開や表現の方法を工夫しながら伝える能力を養成する。
到達目標 ①中級レベルの説明文や物語の文章を、辞書を使わずに/辞書をフル活用して、読んだり、聞いて理解することができる読解力(reading)と聴解力(listening)の習得。 ②自分自身を含む身の回りの事柄を、相手に効果的に伝わるように工夫して、英語で表現することができる描写能力(speaking と writing)の習得。 ③基礎的な文法事項の習得。
日程授業項目理解すべき内容 理解度
(1~4)
前期 第1週 年間授業計画の詳細と補足等
GTECの受験
2年時の学習計画を理解する。
春休みの課題(エッセイ①、和訳①)の提出。
 
第2週 World Link 1 (WL) 9 / チャンクで英単語(CH)1 / Forest (F) 関係詞 4技能のプラクティス / 基本文法と語彙  
第3週 WL 10 / CH 2 / F 関係詞 4技能のプラクティス / 基本文法と語彙  
第4週 WL 11 / CH 3 / F 仮定法 4技能のプラクティス / 基本文法と語彙  
第5週 WL 12 / CH 4 / F 仮定法 / ロールプレイ / (RP)① / エッセイ課題(E)② 4技能のプラクティス / 基本文法と語彙  
第6週 レシテーション(RC)① / 和訳課題② / CH 5 4技能のプラクティス / 基本文法と語彙  
第7週 (中間試験)  
第8週 中間試験の返却と解説 / 予習指示
Ascend 1 (AS) 1 / CH 6 / F 句と節
理解不足箇所の確認、復習 / 予習の仕方 /
4技能のプラクティス / 基本文法と語彙
 
第9週 AS 2 / CH 7 / F 疑問詞と疑問文 4技能のプラクティス / 基本文法と語彙  
第10週 AS 3 / CH 8 / F 否定 4技能のプラクティス / 基本文法と語彙  
第11週 AS 4 / CH 9 / F 話法 4技能のプラクティス / 基本文法と語彙  
第12週 AS 5 / CH 10 / F 名詞構文 4技能のプラクティス / 基本文法と語彙  
第13週 AS 予備 / CH 11 / F 無生物主語 / RP② / E③ 4技能のプラクティス / 基本文法と語彙  
第14週 RC② / 和訳課題③  4技能のプラクティス / 基本文法と語彙  
第15週 (期末試験)  
第16週 試験返却・解答・解説 / 夏休みの課題説明(E④・和訳④) 理解不足箇所の確認、復習、/ 課題の内容、締め切りなど  
後期 第1週 AS 6 / CH 12 / F 強調・倒置 4技能のプラクティス / 基本文法と語彙  
第2週 AS 7 / CH 13 / F 挿入・省略・同格 4技能のプラクティス / 基本文法と語彙  
第3週 AS 8 / CH 14 / F 名詞 4技能のプラクティス / 基本文法と語彙  
第4週 AS 9 / CH 15 / F 名詞・限定詞 4技能のプラクティス / 基本文法と語彙  
第5週 RP③ / E⑤ / AS 10 / CH 16 / F 冠詞 4技能のプラクティス / 基本文法と語彙  
第6週 RC③ / 和訳課題⑤ 4技能のプラクティス / 基本文法と語彙  
第7週 (中間試験)   
第8週 試験返却・解答・解説
AS 11 / CH 17 / F 代名詞
理解不足箇所の確認、復習
4技能のプラクティス / 基本文法と語彙
 
第9週 AS 12 / CH 18 / F 代名詞 4技能のプラクティス / 基本文法と語彙  
第10週 AS 13 / CH 19 / F 形容詞 4技能のプラクティス / 基本文法と語彙  
第11週 AS 14 / CH 20 / F 形容詞 4技能のプラクティス / 基本文法と語彙  
第12週 AS 15 / CH 21 / F 前置詞 4技能のプラクティス / 基本文法と語彙  
第13週 RP④ / E⑥ / F 前置詞 4技能のプラクティス / 基本文法と語彙  
第14週 RC④ / 和訳課題⑥ / AS, CH, 予備 / F 接続詞 4技能のプラクティス / 基本文法と語彙  
第15週 (期末試験)   
第16週 試験返却・解答・解説、復習 理解不足箇所の確認、復習  
学習教育目標 E,Fに対応
達成項目本科ト)、チ)に対応
JABEE認定基準
教科書・参考書 教科書:「チャンクで英単語 Standard」(三省堂)
教科書:「ASCEND 1」(三省堂)
教科書:「World Link」(Sengage Learning)(継続使用)、「総合英語フォレスト Forest」(桐原書店)(継続使用)、「読んで覚える英単語 標準編」(桐原書店)(継続使用)、「ウィズダム英和辞典 第3版」(三省堂)(継続使用)
評価方法及び
合格基準
成績の評価は、定期試験の成績60%、および発表・課題・レポートなどの成績40%で行い、合計の成績が60点以上の者を合格とする。なお、提出が求められる課題や発表については、期限厳守とする。期限を過ぎたものは発表は減点、課題・レポートなどは0点とする。
学生へのメッセージ、
予習・復習について
英語は,エンジニアになる皆さんにとって必須のコミュニケーション・ツールです。①予習→授業→復習のプロセスを大切にしてください。②外国語の習得には「時間と努力」が必要であることを理解してください。③外国語の習得は各種スポーツや楽器の習得と同じです。何千回も練習が必要なのです。④授業中の行儀mannersと規律・自制disciplineをきちんと自覚してください。